クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

「だから製作会社を始めたの」 女優マーゴット・ロビーの情熱 プロデューサーとして女性制作者を支援

映画

 大ヒット映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインが、最新作『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』で帰ってきた! モラルゼロで暴れまくる“悪カワ”ヒロインを演じるマーゴット・ロビーは、まばゆいばかりの美ぼうもさることながら、29歳にして2度のオスカーノミネートを誇り、自身の映画製作会社も持つ実力派。本作のプロデューサーも務める彼女に、映画製作者としての思いを語ってもらった。

【写真】まばゆい美ぼうを持つマーゴット・ロビー インタビューフォト集

■「女性アンサンブルのアクション映画が、市場にほんの少ししかない」

 寄せ集めのスーパーヴィラン(悪党)たちが活躍する『スーサイド・スクワッド』(2016)で、ひときわ輝きを放っていたのが、ジョーカーの恋人で天真らんまんでセクシーな極悪ヒロイン、ハーレイ・クインだ。本作では、ハーレイを主人公に、“ガール・ギャング”(お互いを支え合う女友達のグループ)たちが大暴れする。なぜ今、女性が主人公のスーパーヴィラン映画を製作したのか。

 「『スーサイド・スクワッド』を監督したデヴィッド・エアーに、『ハーレイには女友達が必要。私たちは、ハーレイと一緒に行動する女の子たちを連れて来る必要があるわ』って言い続けていたの」と話すマーゴット。そして「女性アンサンブルのアクション映画が、市場にほんの少ししかないということに気づいていた」とプロデューサーとしての顔ものぞかせる。

(C)KaoriSuzuki
 ハーレイというキャラクターを語る上で外せないのが、ジョーカーの恋人というアイデンティティだろう。しかし本作では、大胆にもこの部分を取り去った。ジョーカーという“保護”を失ったハーレイは、結果、強敵と対峙(たいじ)することとなる。「だから今回は、彼女の自信には不安定なところがあると思う。少し生意気さを失ったと思うわ。それを否定するように、自分には自信があって、男なんて必要ないということを見せようとしているの。でも本当は、まだそんな風には感じていない」と、前作との違いを指摘する。そんなハーレイの助けになるのがガール・ギャングたちの存在だ。

■「スタジオとか投資家が女性たちにお金を使わないと」

 マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ共演の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)でブレイクしたマーゴットは、その翌年、映画製作会社ラッキーチャップ・エンターテイメントを立ち上げた。女優として『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』や『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』、今年のアカデミー賞にノミネートされた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や『スキャンダル』など、賞レースをにぎわせる話題作に出演する一方で、プロデューサーとしても次々作品を発表している。このハードワークを指摘すると、「私は眠らないの(笑)」と茶目っ気たっぷりに答えてくれた。

(C)KaoriSuzuki
 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』に続きマーゴットが主演・プロデューサーを務めた本作では、女性が監督と脚本を務めている。「そうなの。この映画にはガールパワーがたくさんあるわ。私はそういうアイディアを最初に売り込んだし、プロデューサーとして、誰が映画に関わるかについて発言権があったの。だから私はこのプロジェクトに適切なチームを作っていくことができたのよ」と胸を張る。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access