クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

富田望生、“容姿”がテーマの作品に前向き 「求められることがうれしい」

映画

  • twitter
  • facebook

■ 容姿がテーマの作品への出演 「求められることがうれしい」


 『宇宙~』やドラマ『ブスの瞳に恋してる 2019 The Voice』(FOD配信)、そして本作『私がモテてどうすんだ』と、容姿がテーマのひとつになった作品への出演が続いている富田。20歳の乙女が挑むには酷な役にも思えるが、「自分が求められることがうれしい」と明かす。

 「そうした役を演じることに抵抗はないです。『私でいいんだ。精一杯がんばります!』という気持ち。もちろん、物語上、役として傷つくことはあります。でも役者としては、求められることがうれしいです」と言い切る。さらに本作については、ヒロインの変身をフックにしながら、もう1つテーマがあるという。「“好きだと思えるもの”を、自分の中で大切にしてほしい。自信を持って好きと言ってほしい。それが大きなテーマかなと思います」と、本作に込められたメッセージを解釈する。

 若手実力派としての階段を駆け上がる富田。近年はカメラマンとして雑誌連載を持ったり、情報バラエティ番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系/毎週月曜〜金曜11時55分)で木曜レギュラーを務めたりと、女優業以外でも活躍中だ。「自分自身が楽しむことを大切にしています」と話す。さまざまなことを吸収しながら、唯一無二の女優になっていってほしい。いや、彼女ならなれるに違いない。(取材・文:望月ふみ 撮影:高野広美)

 映画『私がモテてどうすんだ』は7月10日より全国公開。

2ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv