クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

日向坂46・齊藤京子、佐々木美玲、潮紗理菜が明かす「改名」への本音と今

映画

(左から)日向坂46・潮紗理菜、齊藤京子、佐々木美玲
(左から)日向坂46・潮紗理菜、齊藤京子、佐々木美玲 クランクイン!

 日向坂46のドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』が8月7日より全国公開される。当初、3月の公開を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により一時は公開延期となり、多くのファンたちが待ちわびていた作品だ。彼女たちの前身・けやき坂46時代から現在までをたどる作品にちなみ、結成からグループを支える一期生の齊藤京子、佐々木美玲、潮紗理菜に、自分たちの歴史を振り返ってもらい、「改名」当時の率直な思いや、今も大切に思うけやき坂46の楽曲について語ってもらった。なお、インタビューは3月上旬に行われたものである。

【写真】日向坂46・齊藤京子、佐々木美玲、潮紗理菜 かわいい別カット

■「改名」発表直後の本音

 日向坂46は、欅坂46のアンダーグループ・けやき坂46として2015年11月に誕生した。しかし、当初のメンバーは7月7日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜23時)でのメディア出演が話題を集めた、欅坂46の卒業生・長濱ねるのみだった。

 その後、今回インタビューに応じてくれた齊藤、佐々木、潮ら11名の一期生が、オーディションを経て2016年5月8日に加入。けやき坂46、通称・ひらがなけやきとして本格的に活動を開始した。

 そして、数々のライブやけやき坂46名義での1stアルバム『走り出す瞬間』のリリース、小坂菜緒ら二期生の加入などを経て、グループは2019年2月11日に日向坂46への改名を発表。同年3月27日リリースのデビューシングル「キュン」により、活動開始から“3年目”を目前にしてようやくの単独デビューを果たした。

(左から)齊藤京子、潮紗理菜、佐々木美玲
――映画のタイトルは「3年目のデビュー」です。その言葉を象徴したのは、やはり「日向坂46」への改名だったと思いますが、当時、皆さんはどう感じていたのでしょうか?

潮:お互いに「改名についてはどう?」と本音を確認し合ったわけではないですが、やはり、それぞれ思うところはあったはずですよね。私は「SHOWROOM」(2019年2月11日に『ひらがなからのおしらせ』として配信)で発表された直後は、正直、不安もありました。

 けやき坂46には昔も今も変わらずに尊敬する欅坂46さんとの思い出もあったし、自分たちだけになる怖さもあって。結成からの歴史が「ゼロになる」という気持ちもあったので、寂しかったです。だから、日向坂46としての活動を重ねるにつれて、だんだんと自分たちも強くなっていったと思います。

齊藤:当時のままでは、いつまでも「欅坂46さんの姉妹グループ」と言われ続けていただろうし、私は不安より前向きな気持ちが強かったです。けやき坂46のメンバーとして、当時は心のどこかで「前に進むためにはどうするべきか」と葛藤があったのも覚えています。

佐々木:実は、京子と「私たち、改名するのかもね」と話していたこともあり、何となく予感はあったんです。ただ、発表された配信番組のタイトルが「ひらがなからのおしらせ」だったので、その場での改名は予想していなかったので驚きました。ドキュメンタリー映画の取材を通して「けやき坂46の時代は何だったのか」と考える機会が増えたのですが、当時があったからこそ「今の自分たちがいる」という気持ちは活動の端々で感じます。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access