クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

櫻坂46・小池美波、藤吉夏鈴、山崎天が語る 「櫻エイト」に選ばれた率直な思い

エンタメ

(左から)櫻坂46・小池美波、山崎天、藤吉夏鈴
(左から)櫻坂46・小池美波、山崎天、藤吉夏鈴 クランクイン!

 欅坂46からの改名を経て、再スタートを切った櫻坂46。12月9日にリリースされる1stシングル『Nobody’s fault』の力を受けて、26人のメンバーが活躍の幅を広げることも期待される。改名によりグループにはさまざまな変化が訪れたが、楽曲のパフォーマンスで中心を担う8人のメンバー“櫻エイト”、全楽曲を3人のセンターを中心に組まれたフォーメーションのシステムが導入されたのも特徴。今回、インタビューに応じてくれた1期生の小池美波、2期生の藤吉夏鈴と山崎天(崎は正式には「たつさき」)が欅坂46としてのラストライブを振り返りつつ、“櫻エイト”に選ばれた率直な思いを語った。

【写真】藤吉夏鈴、小池美波センターの3ショット、それぞれのソロカットも

■「THE LAST LIVE」で初披露 「パフォーマンス中の記憶は残っていない」

藤吉夏鈴
――改名を経て、櫻坂46となった今。10月12日、13日にかけて行われた欅坂46としてのラストステージ、無観客配信ライブ「THE LAST LIVE」を振り返ってみていかがですか?

小池:ライブ最後の日、欅坂46との別れが寂しいような感覚はなかったです。5年間の経験は自信にも変わっていたし、築いてきたものがなくなるわけではなく、自分の心にはずっと居続けるものだと感じたので。ただ、欅坂46としての楽曲を披露するのは「これで最後かもしれない」という思いはあったから、全力でパフォーマンスしようと決めていました。

個人的に楽曲に対する寂しさを味わっていたのは「二人セゾン」です。この曲は、発売当時に感じられなかった歌詞の深さや儚(はかな)さが、だんだんと年数を重ねるにつれて染みわたってきて。それに、最後のライブは佐藤詩織の卒業も重なっていたので、いろいろな思いもあふれてきて、披露した中でも唯一泣いた曲でした。

藤吉:私は「ガラスを割れ!」の印象が特に強かったです。個人的に、楽曲として好きだということもありましたが、だからこそ、パフォーマンスも最後になるかもしれないと力を入れた曲で。過去のライブと比べても、今までで一番曲の世界観にのめり込んでいました。

山崎:最終日はキャプテンの菅井(友香)さんを中心にみんなで声を掛け合って、リハーサルから良い雰囲気になっていました。良いライブにしていくためには「もっと気を引き締めていかなければ」とたくさんの方にも言われたし、その一言があったから、一丸となってライブを作れた気がするんです。開演前の円陣の掛け声もいつになく気合いが入っていたし、その思いがライブ全体に流れていたと思います。

(左から)藤吉夏鈴、小池美波、山崎天
――最終日の終演直前には、櫻坂46として「Nobody’s fault」を初披露しました。当日のパフォーマンスは、いかがでしたか?

小池:初披露だけではなく自分たちのスタートラインでもあったから、しっかりとしたパフォーマンスで、そこから先を示さなければいけない気持ちがありました。ただ、リハーサルで本番のステージを思い浮かべたとき、14人で披露することに対して、寂しさも味わいました。

全員でグループを作り上げてきたからこそという思いもあるし、みんなで披露したかった気持ちも本音としてはあって。でもその気持ちが邪魔してはいけない、そこから先の自分たちを見せなければいけない、という気持ちが半々に浮かびながらのパフォーマンスだったので、自分の中では迷いがあったという悔しさも残りました。

藤吉:パフォーマンス中の記憶は残っていないんです。ただ、欅坂46として最後に「サイレントマジョリティー」を披露して、メンバー全員でお辞儀をしながら最後のあいさつを終えたあと、早着替えでステージへ上がる直前に、同じ2期生の(森田)ひかるの肩を叩いたのは覚えています。ライブの本番前によくするんです。当日も気合いを入れるためにやっていました。

山崎:メンバー同士で何か言葉を交わした記憶はないんですけど、お互いの空気感で何となく伝わっていたこともあったような気がします。この曲に限らず、ライブでは瞬間ごとにメンバーの思いがパフォーマンスを通して伝わりやすかったりもして。本番を見守ってくださったファンの皆さんが当日、感じ取ってくれたままの気持ちが表れていたのかなと思います。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access