クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

南沙良「“暗そう”と言われる」18歳 “推しキャラ”の前では明るい素顔

映画

南沙良
南沙良 クランクイン! 写真:松林満美

 映画やドラマに引っ張りだこで、2022年放送のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にも出演が決まるなど、若手の中でもひときわ強い存在感を放っている18歳の女優・南沙良。吉田修一のサスペンス小説を映画化した『太陽は動かない』では、心に傷を負った少女をみずみずしく演じている。これまでも葛藤や孤独を抱えたキャラクターに対峙(たいじ)することが多く、「繊細な感情表現に挑んでいきたい」と意気込む彼女。演じてきた役のイメージからか「よく周りの方から“暗そう”と言われる」と明かすが、実は「好きなアニメや推しを見ると、テンションが上がります!」というキュートな素顔に迫る。

【写真】南沙良18歳 ツインテールのかわいすぎる姿も

■「運動は苦手ですが(笑) いつかアクションもやってみたい」

映画『太陽は動かない』より (C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
 藤原竜也と竹内涼真が初共演を果たし、命懸けの任務に挑むエージェント役でバディとなる『太陽は動かない』。南は、藤原演じる鷹野の高校時代を描くパートに登場し、鷹野と特別な絆を育んでいく少女・詩織にふんしている。撮影が始まる前には、原作小説の『太陽は動かない』とその前日譚をつづる『森は知っている』を読み、「詩織と鷹野が出会う島の描写も美しくて、撮影が始まるのがすごく楽しみになりました」と胸を高鳴らせて飛び込んだという。

 南は、役柄について「詩織は心に痛みを抱えていますが、とても芯の強い女の子」と分析する。「どう演じたらいいんだろうと悩みながら現場に入りましたが、羽住(英一郎)監督から“そのままでいいよ”と言っていただいて、その言葉を励みに演じました。私自身は内気で殻に閉じこもりがちな性格なので、詩織の凛(りん)とした強さに憧れる部分もあって。とても楽しく演じさせていただきました」としみじみ。

映画『太陽は動かない』より (C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
 三重県鳥羽市の答志島での撮影も充実したものだったそう。「バイクの二人乗りをするシーンもあるのですが、それは初めての体験でした。景色もきれいで、ワクワクしました」と声を弾ませ、「完成作を観たら、スケールの大きな世界が描かれていて驚きました。藤原さんと竹内さんのお芝居からも緊迫感が伝わって、いつか私もお二人のようなお芝居ができたらいいなと思いました。アクションもすごかったですね! 私は運動が苦手なので、できるか心配ではありますが…(苦笑)。挑戦してみたいなという気持ちになりました」とチャレンジ精神をのぞかせる。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv