クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ゴジラ新作アニメ主題歌を歌うBiSH、改めて感じる6人でいる強さ

アニメ

テレビアニメ『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』主題歌を担当するBiSH
テレビアニメ『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』主題歌を担当するBiSH クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ

 根強いファンを持つ“ゴジラ”シリーズの最新作、テレビアニメ『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』の主題歌「in case...」を担当するのが6人組の“楽器を持たないパンクバンド”BiSHだ。既存のジャンルに収まらない活躍をみせる彼女たちに、作品や主題歌に関するエピソード、活動の軸にある自身のファン“清掃員”へ向けた思いを尋ねた。

【写真】快進撃が止まらないBiSH 個性光るメンバーのソロカットも!

■ゴジラのテーマソングを超えるほど広く知ってもらいたい

 『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』は、数多くの映画が製作・公開された“ゴジラ”シリーズの完全新作となる、国内初の連続テレビアニメシリーズ。女性研究者の神野銘(声:宮本侑芽)と男性技術者の有川ユン(声:石毛翔弥)という2人の若き天才が、周囲の人間たちと共に、人類に訪れる未曾有の脅威へ立ち向かう。そのOPテーマ「in case...」をBiSHが歌い上げる。

――長く愛される“ゴジラ”シリーズの最新作で、主題歌を務めると聞いたときの心境は?

アイナ・ジ・エンド(以下、アイナ):ゴジラはお父さんが好きなシリーズで、実家にもフィギュアが飾られていました。その影響で、大人になってから実写映画『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967年公開)を見たら、自分もミニラが好きになって。彼の鳴きマネをツイッターでも、何度かアップしています(笑)。だからこそ、今回のお話はうれしかったですし、レコーディングでは「精一杯歌わねば」と気合いを入れました。

アイナ・ジ・エンド
セントチヒロ・チッチ(以下、チッチ):ゴジラには怖いイメージがあった一方で、普通の怪獣とは違い、人間味溢れる面白さもあると思っていました。BiSHも人間味があり個性溢れる面白いグループだと思っているので、一緒に作品を盛り上げていけるのがうれしかったです。

――主題歌「in case...」への思い入れや印象は?

アユニ・D(以下、アユニ):主題歌は私たちにとっても、作品にとっても偉大であると感じています。すべてにとって大切というか。また、元々あるゴジラのよく聴くテーマ曲は知らない人がいないくらい有名な楽曲ですし、とてもカッコいい仕上がりになっているので、あの曲を超えるくらい広まったらうれしいなと思います。

リンリン:サビで「難しければ 難しいほどいいね」と歌っていて、私はその歌詞が心に響きました。BiSHはメンバー内で作詞もしていて、物を作るときは簡単なやり方に甘えてしまいがちだけど、そうではなく、難しいやり方で頑張っていくように心がけています。サビの歌詞がその日常の自分と重なるようで、心に残るフレーズでした。曲の色合いもアニメで目立つネオンカラーとマッチしているので、作品と一緒に楽しんでもらいたいです。

――作品『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』自体の印象は?

ハシヤスメ・アツコ(以下、アツコ):幼少期に見た実写版の思い出をたどりつつ、アニメ版は「こんなにもキレイなんだ」と思えました。千葉県を舞台にした映像を見ると「本当にある場所なのか」と感じられるし、非日常の作品でありながら、これは日常ではないかと混乱するほどで。劇中に登場する研究所にも行ってみたくなりました。

ハシヤスメ・アツコ
モモコグミカンパニー(以下、モモコ):怪獣同士が戦うのが怖そうと思っていて、正直、ゴジラをあまり見たことがなかったのですが、今回のアニメは見やすかったし、率直に「現代版ゴジラ」と思えました。作中にLINEのようなトーク画面が出てきたり、毎回、主人公の女の子・銘ちゃんの洋服がかわいかったり。親近感を覚える場面がたくさんあり、癖になる作品だと感じました。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv