クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

安倍なつみ、子どもへの読み聞かせはミュージカル調!? 夫婦で「全力を注いで楽しんでいる」

映画

  • twitter
  • facebook
映画『パウ・パトロール ザ・ムービー』で声優を務める安倍なつみ
映画『パウ・パトロール ザ・ムービー』で声優を務める安倍なつみ クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ

 2児の母になり、芸能活動をセーブしていた安倍なつみが、映画『パウ・パトロール ザ・ムービー』の吹き替え声優として、約3年ぶりにメディアへ露出。10代の頃からみんなに愛されてきた「なっち」が8月10日には40歳を迎えるという節目の年でもある。そこで改めてこれまでの活動を振り返るとともに、母としての生活、これからの活動について話を聞いた。

【写真】40歳になっても変わらない“かわいらしさ” 安倍なつみ 撮り下ろしカット

■モーニング娘。のステージと同じハイテンションで声優に挑戦

――前情報を入れずに映画を拝見したのですが、本職の声優さんたちの中で、安倍さんがどの役を演じていたのかすぐにわからず、本当にお上手で驚きました…。

映画『パウ・パトロール ザ・ムービー』 8月20日公開 (C) 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.
安倍:本当ですか!? ありがとうございます。声優のお仕事は今までに何度か経験をしているのですが、ハリウッド作品は初めてで。しかもスパンがあいていたので、声の出し方、テンションなど、悩みながら挑みました。でも、やってみたら全然違っていて、監督のご指導で勉強になったことがたくさんありました。

――最初からスムーズだったわけではないんでんすね。

安倍:私の演じているダックスフンドのリバティはすごくエネルギッシュなキャラ。自分ではこれでもかというくらいの声とテンションで臨んだんですが、監督には「いやいや、まだテンション低いね」と言われ、「すみません! 頑張ります!」という繰り返しでした。モーニング娘。の現役時代にファンの皆さんの前でパフォーマンスするときくらいのテンションを求められた感じです。私が今出せるエネルギーは全部ぶつけようと必死だったので、現場で見ていたマネージャーは「手も体全体もすごく激しく動いていた」と驚いていました(笑)。

――収録期間中は家に帰ってもテンションの高いお母さんでしたか?

安倍:そうですね。初日に興奮状態で「ママね、今日こういうのやって来たんだよ!」と子どもたちの前でセリフを何フレーズかやってみたときには、圧倒された顔をしていましたね(笑)。

2人のお子さんも「パウ・パトロール」の大ファンと語る安倍なつみ
――4歳と2歳のお子さんもこの作品のファンだそうですが、本作についてお話しされましたか。

安倍:子どもには映画館で観せたいし、楽しみにしてほしいので、詳しくは教えていないんです。家では子どもには内緒でこっそり夜な夜な練習していました。日中だと「ママ何やってるの?」とすぐ来てしまうから難しくて。私が作品に参加することだけは話しましたが、リバティは映画からの新キャラクターで、持っているグッズとか絵本にはいないので、「ママはどれなの?」と聞かれる度に「これから仲間に入れてもらうんだよ」と説明してます。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv