クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

梶裕貴、意外にも初めてオーディションでつかんだ吹替の大役「ひとつの夢が叶いました」

映画

  • twitter
  • facebook
梶裕貴
梶裕貴 クランクイン! 写真:松林満美

 大人気シリーズ「キングスマン」の最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』。コロナ禍による幾度もの公開延期を耐え、ようやく日本お目見えとなる今作の日本語版に、『進撃の巨人』『七つの大罪』など多くの代表作を持つ、人気声優の梶裕貴が参加した。実は、洋画吹替のオーディションに合格したのは「初めて」と驚きの告白をした梶に、アニメのアフレコ、洋画吹替、それぞれの魅力や、「キングスマン」のキャッチコピーになぞらえ、「何が梶裕貴をつくったか」に迫った。

【写真】梶裕貴、“紳士”なスーツ姿 撮り下ろしフォト

◆人気声優のオーディション秘話にビックリ

 第1次世界大戦前夜のヨーロッパを舞台に、スパイ組織キングスマンの誕生秘話を描く、エピソードゼロというべき今作。梶は、世界に迫る危機を前に立ち上がるオックスフォード公(レイフ・ファインズ/日本語版吹替:小澤征悦)の息子で、正義感の強い青年・コンラッド(ハリス・ディキンソン)を演じた。

 「劇場公開される吹替作品のオーディションは、これまでにも受けさせていただいてきましたが…最終的に、その役で合格したのは初めてなんです」と驚きの告白をした梶。「ひとつの夢が叶いました」と感慨深げな様子を見せながら、それが本作になった喜びを口にする。


 「過去2作を拝見し、噂に違わぬ…いや、それ以上の面白さと魅力をを持った極上のエンターテインメントだなと感じていました。硬く美しい印象のある“英国紳士”と、“スパイアクション”が見事な融合をみせた傑作! 本作では、ついに『キングスマン』の誕生秘密が明らかになります。そんなすてきな作品において、今回、非常に重要な役を演じさせていただくことができ、とてもうれしく思っています」。

◆『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は今でも自分の核

 念願叶って合格をもぎ取ったオーディションだが、洋画吹替自体には、子ども時代からよく触れていたと振り返る。

 「父が映画好きだったので、『金曜ロードショー』や『日曜洋画劇場』といったテレビ放送で、よく吹替映画を観ていましたね。なので、子ども時代の僕は、そんなふうに、ごく自然な形で、吹替というものに触れる機会と出会っていたのかもしてません」。しかし、幼い頃は、“声優”という職業を意識していたわけではなかった。

 「よくよく考えてみれば…まだ今よりもグローバル化が進んでいなかった当時の日本の子どもにとって、外国の方が、流ちょうな日本語でしゃべっているというのは、どこか不思議な光景にも見えたはず。でも、それを何の違和感もなく、当たり前のように受け入れられていたというのは、きっと吹替えという文化や技術に、さまざまなものを超越した何か…すごみや面白さといったものを、無意識のうちに感じていたんだと思います」。


 その超越させる力は、プロフェッショナルたる声優の技が生み出していることは間違いない。今では超越させる側となった梶。声優を目指し始めたのは中学2年の頃だが、子ども時代も今も、ずっと憧れ続ける役がある。

 「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、自分にとってとても大きな作品。初めて耳にしたのは三ツ矢雄二さんのマーティで、永遠の憧れですね。僕もいつかマーティのような役を演じられたらと、ずっと思い続けています。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティと、『タイタニック』のジャックは、僕の吹替の原点です」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv