クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

爆心 長崎の空

被爆地の今を生きる人々の喪失と再生の物語

【解説/みどころ】
長崎原爆資料館館長を務める芥川賞作家、青来有一の連作短編小説『爆心』を、実写版『火垂るの墓』の日向寺太郎監督が映画化。被爆地、長崎を舞台に、母を亡くした女子大生と我が子を亡くした女性が運命的にめぐり合い、再生への道を歩み出す姿を見つめていく。主演の北乃きい、稲森いずみを始め、実力派のスタッフ&キャストが揃った話題作だ。


【ストーリー】
長崎大学に通う少女、清水の母親が心臓発作で他界した。直前に母親とケンカしていた清水は、やるせない喪失感に囚われてしまう。一方、一年前に娘を亡くした砂織は、その悲しみを克服することができない。やがて、偶然出会ったふたりは心を通わせるが……。

キャスト
北乃きい稲森いずみ柳楽優弥北条隆博渡辺美奈代佐野史郎杉本哲太宮下順子池脇千鶴石橋蓮司
スタッフ
監督: 日向寺太郎 脚本: 原田裕文 原作: 青来有一
上映時間・制作年
98分/2013年
制作国
日本
配給
パル企画

爆心 長崎の空の関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv