旅のおわり世界のはじまり

黒沢清監督が前田敦子を迎えて描く人間ドラマ

映画『旅のおわり世界のはじまり』本予告

【解説/みどころ】
『散歩する侵略者』の黒沢清監督がウズベキスタンでのオールロケを敢行して作り上げた、人間ドラマ。仕事でウズベキスタンを訪れた日本人女性リポーターが、異文化交流を経て大きく成長していく姿を描く。主演を『Seventh Code』でも黒沢監督とタッグを組んでいる前田敦子が務めるほか、加瀬亮、染谷将太、柄本時生らが共演する。


【ストーリー】
リポーターの葉子は、テレビのバラエティ番組の取材で中央アジアに位置する旧ソビエト連邦のウズベキスタンへ行くことに。日本の撮影スタッフとともに現地入りした彼女は、コーディネーターや異文化の人々と交流をする中で、日本では味わえない時間を過ごす。

キャスト
前田敦子染谷将太柄本時生アジズ・ラジャボフ加瀬亮
スタッフ
監督: 黒沢清 脚本: 黒沢清
上映時間・制作年
120分/2019年
制作国
日本=ウズベキスタン
公式サイト
http://tabisekamovie.com/
配給
東京テアトル

旅のおわり世界のはじまりの関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access