クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

任侠学園 関連記事

  • (左から)映画『任侠学園』初日舞台挨拶に登場した西島秀俊、西田敏行

    西島秀俊、西田敏行らにお悩み相談「飲みすぎてしまって…」

    映画

     俳優の西島秀俊が27日、都内で行われた主演映画『任侠学園』の初日舞台挨拶に登壇。トークで会場を盛り上げた一方、本作でW主演を飾った西田敏行らに“公開お悩み相談”を行った。@@cutter 本作は、今野敏の人気小説「任侠」シリーズを原作とする人情コメディ。任侠道を重んじて世直しに励む阿岐本組(あきもとぐみ)のヤクザ・日村誠司(西島)が、借金まみれの学園の再建に奮闘する様を描く。  今回のイベントには西島や西田のほか、伊藤淳史や中尾彬、木村ひさし監督、そして特別ゲストとして今野敏氏が出席した。  西島演じる日村は、情に厚い巻き込まれ型の兄貴分。「撮影期間中、撮影終わってからも、このメンバーはしょっちゅう集まって色んな話をし合ってくるくらい、スゴい団結力のあるチーム。初日を迎えて、胸がいっぱいです」と心境を明かし、「この作品は皆さんに楽しんで頂くための作品。皆さんに届いて完成する」と述べた。  “世直し大好きおやっさん”である阿岐本組の組長・阿岐本雄蔵役の西田は、開口一番、「皆さん、有料のお客様ですよね?」と観客に質問をぶつけ、自身の洋風の衣装については「こんな格好で来てすみません。組長って言うよりボスですよね。アル・カポネ系ですよね」と自虐的に述べ、会場の笑いを誘った。  西田は今回、東京スカパラダイスオーケストラとコラボして、挿入歌「また逢う日まで」も担当。それを中尾が嫉妬すると「私は過去、紅白に3回出ている。俳優というより歌手と言って頂いたほうがいいかもしれません。中尾さんは、歌う俳優。私、完全に歌手なのでレベルが違う」と西田節。続けて「東京スカパラは大好きなバンド。あの人たちと一緒にやれた喜びはありましたね。カッコいいですよね。それに加えて、歌手の私がいて」と回想した。  会場では、「助けて組長 お悩み相談コーナー」と題して、西田と中尾がSNSで募集したお悩みなどを聞くことに。次いで、西島も共演者らと飲み明かした日々を振り返って「飲みすぎてしまって、半分くらい覚えていないことが多い(笑)。その時に、『オレ、昨日どうだった?』と聞いたほうがいいのか、うやむやにして流して、次の飲み会に進んだほうがいいのか…」と相談。西田は「西島さんとは何度か酒席をともにしましたけど、非常にシラフのように見えた。酔ってたのね。それは、実に上手い酔い方じゃないかな。そのまま続けてください」とアドバイスした。  終盤には、西田が「皆が喜べる娯楽映画を作れるのは一生の熱い思い」と浅からぬ役者魂を吐露。映画を見た観客に「楽しんで頂けましたね?」と問いかけて万雷の拍手を受け、「ありがとう。これが何よりの、僕の最高のギャランティー」と感無量の様子を見せた。

  • 葵わかな

    葵わかな、“真面目すぎる”素顔「分からないことが嫌でした」

    映画

     NHK連続テレビ小説『わろてんか』で幅広い世代へ知られることになった葵わかな。いわゆる朝ドラ女優にぴったりの雰囲気で、優等生的なイメージが強い。事実、実生活でも、つい“正解”を求めてしまう優等生だったという葵が、西島秀俊、西田敏行がダブル主演を務める映画『任侠学園』で、学校イチの問題児・高校生のちひろを演じて自身のイメージを壊しはじめた。とはいえ、取材時に見せたその素顔は真面目すぎるほどで、もはやそこが個性になっていた。@@cutter■学生時代は「学級委員タイプ」 @@insert2  優等生のイメージが強いことを伝えると、「私もそう思います」とうなずく葵。「今まで経験させていただいた役柄も優等生やいい子が多かったですし、私自身も真面目な、いわゆる学級委員タイプでした。今回演じたちひろは自分とはかけ離れていると思いました」。  今野敏の小説「任侠」シリーズの一作を、『民王』、『99.9‐刑事専門弁護士‐』シリーズの木村ひさし監督が映画化した本作は、社会奉仕が大好きな弱小ヤクザ一家・阿岐本組が、経営難に陥った高校の理事を頼まれ、再建のためにひと肌脱ぐ物語。葵が演じるちひろは学校イチの問題児だ。  これまで、きっちり役づくりをして撮影に臨んできた葵だが、本作は違った。  「ちひろの髪は金髪とかにしたほうがいいのかなと思っていたんです。それで、監督に聞いてみたら、『赤で』って。赤!? ってビックリしちゃって」と目をまん丸にして思い返す葵。「私の中には、赤という考えは全くなかったんです。問題児と言われるちひろについて私が考えて作っても、“正解”を出せるのかどうか分からなかった。なので『こんな子だろう』というベースだけを考えて、あとはああしようこうしようと固めずに、飛び込んでみようと思いました」。 ■高校時代は「分からないことが嫌で勉強しました」 @@insert1  葵自身の高校時代は、「先生に怒られたこともないですし、友達と授業をサボった経験も1度もありません。制服のスカートを折って短くしたこともありません」と問題児とは大違い。そんな彼女には、どうも“正解”にこだわる節があるようだ。  「勉強も、分からないことが嫌で勉強しました。昔は『私はいろんなことを知っている』と思っていたんです。だからこそ、分からないことがあるとすごく嫌だった。“正解”が欲しかったんです。生き方に関しても学校に関しても、勉強でも演技でも、全部に正解を求めていました。だけど、二十歳を超えてくらいから、分からないことがどんどん増えてきてしまって(苦笑)」。  そしてある頃から、「分からないことがダメだって、誰に言われたんだろう」と思うように。そんな矢先に本作に入った。「何も分からない状況で現場に行ったのに、すっごく楽しかったんです。ちゃんとお芝居ができたという充足感もありました。あれ? 分からないのもアリなのかなって」。@@separator■西島秀俊に“正解”を求めるも… @@insert3  西島秀俊からも影響を受けた。  「西島さんがいると、現場の雰囲気が本当に明るくなるんです。誰も怒ったりしない空気を自然に作られる。あるとき、西島さんに『主演や座長を務めるとき、どういうことを意識して現場を作っているんですか?』と質問したんです」。ここでも“正解”を求めた葵。しかし西島からは…。  「そこに関する答えが何も返ってこなかったんです。『えー! 西島さんも分かってないの!?』って驚いちゃって」と両手を広げて驚く葵。「わたしは、『いい主演ってどんな人なんだろう、どうしたらみんなが楽しくできる現場が作れるんだろう』と、いろいろ考えてしまうのですが、こんなにいい現場を作っている西島さんは、そこへの計算や意識をしていなかったんです!」と心底驚いた様子。「ただただ西島さん自身が自然でステキだから、現場もいい空気になる。あれこれ考えて作るのではなく、『あ、そうなるべきだ』」と思ったという。 ■撮影後の反省会も最初は「飲みに行ったりしちゃダメなんじゃないかなって」 @@insert4  そんな西島を筆頭に、撮影中は本作の共演者が集う“反省会”なる飲み会が開かれていた。  「最初は、仕事で来ているんだし、飲みに行ったりしちゃダメなんじゃないかなと思っていました。でも参加してみたら楽しかったし、本当に、全員来るんです(笑)。そこで『今日のあのシーンは』とか『今度のあのシーンは』とみんなで話したり、プライベートなことも話したりして。そこでできた絆が、現場で爆発するのも経験しました」。  まっすぐにこちらを見ながら身振り手振りで懸命に応え、取材が終わると、「ちゃんと話せたかな。大丈夫ですか?」と心配していた葵。単なる真面目な人を超えて、もはや個性に映って愛らしい。これはもう、“真面目すぎる”ままに進んでいってほしいという気持ちが沸きつつ、ここへ来ての『分からないのもアリ』だと思うようになったという変化も、女優業へいい影響があるに違いないと思えた。いずれにせよ、葵わかなのこれからが気になる。(取材・文:望月ふみ 写真:松林満美)  映画『任侠学園』は9月27日より全国公開。

  • 映画『任侠学園』葵わかなの場面写真

    葵わかな、“赤髪”ショートヘアがキュートな問題児に 中身は“おっさん”がポイント

    映画

     俳優の西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務める映画『任侠学園』より、葵わかな演じる女子高校生の新場面写真とコメントが到着。これまでの自身のイメージを覆すような役柄を演じた葵は、「今まで演じさせていただいた役の中でも特に楽しくて好きな役になりました」と答えた。@@cutter 本作は、今野敏による人気小説『任侠』シリーズの1作を映画化。昔気質のヤクザが義理と人情を武器に、経営難になった学校の経営再建を試みる姿を映し出す。経営が立ちゆかなくなった高校を建て直すため、新しい理事として現れたのは、曲がったことが大嫌いな昔気質のヤクザ・阿岐本組。見た目は怖く荒々しいが、義理人情の正義を貫く彼らの情熱に、次第に空気が変わっていく。監督を務めるのはテレビドラマ『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』や『民王』を手がけた木村ひさし。  今回葵が演じるのは、赤髪ショートヘアで学園一の問題児・沢田ちひろ。少々血の気が多くひねくれているが、根は真っ直ぐで正義感が強く、そして中身は”おっさん”という、これまでの葵のイメージにはない役どころだ。葵といえばNHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインに抜てきされ一躍名を馳せたと思えば、映画『青夏 きみに恋した30日』、ドラマ『ブラックペアン』(TBS)、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』、さらにはコント日本一を決めるバラエティー番組『キングオブコント』(TBS)のMCを2年連続で担うなど幅広い活躍を見せているが、本作では、そんなバラエティー豊かな葵のイメージを新たに披露する。  監督からは「おじさんだと思ってやってください。女の子らしいとだめ」と言われたという葵は「共感できるところはなかったです(笑)」とキッパリ。「学生時代は学級委員をやったり、優等生タイプでちひろとは真逆なタイプだったので、いかにおじさんぽく喋るかというのが勝負どころだった」と振り返り、「はじめての役柄で最初は戸惑いましたが、監督と相談しながら、身を任せて飛び込んでいくつもりで撮影にのぞむと、今まで演じさせていただいた役の中でも特に楽しくて好きな役になりました」とコメントした。  映画『任侠学園』は9月27日より全国公開。

  • 映画『任侠学園』完成披露試写会にて

    西島秀俊&伊藤淳史、息の合ったコンビぶり「あっくんが死ぬとヒットする」

    映画

     俳優の西島秀俊が26日、都内で行われた映画『任侠学園』の完成披露試写会に出席。共演の伊藤淳史と息のあったコンビネーションを見せ、笑いを誘った。@@cutter イベントには西島と伊藤のほか、W主演の西田敏行、共演の葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子、生瀬勝久、木村ひさし監督が登壇した。  同作は今野敏による小説『任侠』シリーズ(中公文庫)の映画化。社会奉仕がモットーの地元密着型任侠団体“阿岐本組”が義理と人情を武器に、困っている人たちをボランティア精神で助ける物語となっている。  ヤクザ役について西島は、ドラマ『ダブルフェイス』で、ヤクザでありながら刑事という役を演じたことがあると回顧。また、伊藤に「いました、弟分で。死んだよね?(笑)」と語りかけ、会場の笑いを誘った。伊藤は「あの頃は僕が死ぬとドラマがおもしろくなるって言われ方をしてた時期」とコメントし、西島も「そうそう、あっくんが死ぬとヒットするっていう」と同調。伊藤は「今回は生きてるなあ」と冗談混じりに話し、会場を盛り上げた。  さらに西島は“阿岐本組”は普通のヤクザではないと説明。西島が「白竜さんとか本物の…」とコメントするやいなや会場からは爆笑が起こり、西島は「違う! 違うよ!?(笑)」と弁解。続けて「本当に恐いヤクザの人たちと戦わざるをえなくなるという。タイムスリップしてきたような義理と人情に熱い真面目なヤクザという役なので」と役柄について解説した。  イベントでは自分自身のモットーについて語る場面も。伊藤はリップクリームを常に持ち歩いていると話し「これがないと大変なことになるんですよ、焦る」と説明した。忘れると家に取りに帰るほどだと明かし「出来ればポケットに1個、バッグに1個、家には新品が5個」とこだわりぶりを告白。これにはキャスト陣も観客も驚き、伊藤は葉山に「女子力高いですね」とツッコまれていた。  映画『任侠学園』は、9月27日公開。

  • 映画『任侠学園』挿入歌でコラボした、西田敏行と東京スカパラダイスオーケストラ

    『任侠学園』、西田敏行&スカパラが挿入歌「また逢う日まで」でコラボ

    映画

     俳優の西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務める映画『任侠学園』(9月27日公開)。西田と主題歌を手掛ける東京スカパラダイスオーケストラがコラボレーションした楽曲「また逢う日まで」が挿入歌となることが発表され、併せてそのリハーサル風景や劇中映像などを収めたPV映像が解禁された。@@cutter 本作は、今野敏による人気小説『任侠』シリーズの1作を映画化した人間ドラマ。昔気質のヤクザが義理と人情を武器に、経営難になった学校の経営再建を試みる姿を映し出す。経営が立ちゆかなくなった高校を建て直すため、新しい理事として現れたのは、曲がった事が大嫌いな昔気質のヤクザ・阿岐本組。見た目は怖く荒々しかったが、義理人情の正義を貫く彼らの情熱に、次第に空気が変わっていく。監督を務めるのはテレビドラマ『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』や『民王』を手がけた木村ひさし。  西田は子分たちを振り回しながらも、ストレートな言葉で多くの人の心を揺さぶる阿岐本組組長を、西島はまじめ過ぎるがゆえ時に空回りしてしまう阿岐本組ナンバー2・日村を演じる。また、阿岐本組の組員役を伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基が務め、阿岐本組が理事となって再建を図る高校の生徒役として、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子が出演。さらに、生瀬勝久、中尾彬、光石研、白竜、高木ブー、佐藤蛾次郎らベテランキャストが脇を固める。  今回、本作の主題歌「ツギハギカラフル」を書き下ろした東京スカパラダイスオーケストラが西田とコラボし、尾崎紀世彦の名曲をカバーした挿入歌「また逢う日まで」を手掛けることも明らかに。  西田が熱唱する「また逢う日まで」が流れるPV映像では、日村(西島)をはじめとする阿岐本組の面々が商店街へ挨拶回りに行ったり、助けを求められ走りまわる姿のほか、阿岐本組が再建へと奔走する学園の生徒たちを演じた葵、桜井、葉山それぞれが苦しみや悲しみで葛藤するシーンが映し出される。生徒たちの葛藤する姿に「なぜかさみしいだけ」「なぜかむなしいだけ」といった歌詞がリンクし、心に響く映像に仕上がっている。  また、PV映像には、東京スカパラダイスオーケストラの演奏に合わせて、西田がこぶしを効かせながら情熱的に歌い上げるリハーサル風景も収録されているが、演奏が終わるとメンバー総立ちで拍手が沸き起こり、スタジオは大盛り上がりを見せたという。初収録後スカパラメンバーは「西田さんの包容力がある声で、大きく包み込むような愛情が感じられる歌になれば」と語り、西田もスカパラとの共演に「震えがくるくらい興奮した。相乗効果で、ひとつ上のポテンシャルを発揮できた!」とその出来に自信をのぞかせた。  映画『任侠学園』は9月27日より全国公開。

  • 映画『任侠学園』場面写真

    西島秀俊×西田敏行W主演『任侠学園』場面写真7点一挙解禁

    映画

     俳優の西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務める映画『任侠学園』(9月27日公開)より、西島&西田の”西西コンビ”が率いる阿岐本組のお人よし感満載の姿や、真面目すぎるが故に不器用な彼らの愛くるしい表情を写し出した場面写真7点が解禁された。@@cutter 今野敏による同名のエンターテインメント小説を実写化した本作は、昔かたぎのヤクザ・阿岐本組が、経営が立ちゆかなくなった高校の建て直しに乗り出す姿を描く。  困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長(西田)は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村(西島)は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”。子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。  場面写真には、阿岐本組のナンバー2・日村(西島)が学園一の問題児・ちひろ(葵わかな)の腕を捕まえて真っすぐ向き合う様子や、地元商店街の人々に愛され、笑顔で街のパトロールをする組の面々、綾小路校長(生瀬勝久)になぜか甘え顔を見せている阿岐本組長(西田)、さらには、ちひろの大ファンのカメラ小僧・祐樹(葉山奨之)や、ワケありの優等生・美咲(桜井日奈子)なども写し出され、生徒たちも<義理>と<人情>にアツい阿岐本組を頼りにしている姿が見て取れる。  映画『任侠学園』は9月27日より全国公開。

  • 映画『任侠学園』ポスタービジュアル

    西島秀俊×西田敏行『任侠学園』特報解禁 主題歌はスカパラに決定

    映画

     俳優の西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務める映画『任侠学園』の公開日が9月27日に決定。併せてポスタービジュアルと特報映像が解禁され、主題歌を東京スカパラダイスオーケストラが担当することも発表された。@@cutter 本作は、ヤクザが経営危機の高校の再建に奮闘する姿を描く、今野敏のエンターテインメント小説『任侠学園』が原作。経営が立ちゆかなくなった高校を建て直すため、新しい理事として現れたのは、曲がった事が大嫌いな昔気質のヤクザ・阿岐本組。見た目は怖く荒々しかったが、義理人情の正義を貫く彼らの情熱に、次第に空気が変わっていく。  東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦は、本作のために書き下ろした主題歌「ツギハギカラフル」の歌詞について、「価値観の多様化で益々予測できない未来を意識的に楽しもうじゃないか、という気持ちで書かせて貰いました」とコメント。作品について「社会的に正しいか不適切か、よりも、行動に真心や愛情があるかどうかで物事を判断したい、と常々思ってる自分に、この映画はとっても刺さりました」と感想を語っている。  楽曲が流れる特報映像では、ドスを利かせた声で「行くぞ!」と組員たちを率いる西島扮する阿岐本組ナンバー2の日村の姿からスタート。「シートベルトのルールを守ってやってるんだぞコノヤロー!」と、更にドスを利かせた西田演じる組長・阿岐本をはじめ、組員役の伊藤淳史、池田鉄洋など、いかついながらもどこか不器用で親近感が湧く、地元密着型ヤクザ・阿岐本組の面々が次々に登場する。  また、「わたくしどもがヤクザだってこと、いつ頃分かりました?」と野太い声で迫り寄る阿岐本組長に対し、生瀬扮する学園の校長・綾小路が「会ってすぐ」と即答する一幕など、小気味よいテンポで繰り広げられるコメディシーンも収録されている。  ポスタービジュアルは、学校の教室の中で、凄みのある表情の西島と西田が大きく配置されたもの。その後ろには、組員役の伊藤や学生役の葵わかな、桜井日奈子、葉山奨之の姿も見ることができる。  映画『任侠学園』は9月27日より全国公開。

  • 『任侠学園』追加キャスト画像

    西島秀俊×西田敏行『任侠学園』、追加キャストに葵わかな&桜井日奈子

    映画

     俳優の西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務め、『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』シリーズや『民王』などの人気ドラマを手がける木村ひさしが監督する映画『任侠学園』より、新たに伊藤淳史、葵わかな、桜井日奈子らが追加キャストとして発表された。@@cutter 原作は、ヤクザ・阿岐本組が経営危機の高校の再建に奮闘する姿を描く今野敏のエンターテインメント小説『任侠学園』。昔気質のヤクザ・阿岐本組が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院などの経営再建を試みる『任侠』シリーズ(中公文庫)のなかでも人気の高い一作だ。  今回、追加キャストとして発表された葵と桜井は、阿岐本組が立て直しを図る経営不振の高校に通う生徒役。  ちひろを演じる葵は、学園一の問題児で男勝りな性格という役どころ。今回の役に対して「はじめての役柄で最初は戸惑いましたが、監督と相談しながら、身を任せて飛び込んでいくつもりで撮影にのぞむと、気づけば脚本ではじめにイメージしていたキャラクターと真逆なくらいになっていて、今まで演じさせていただいた役の中でも特に楽しくて好きな役になりました」とコメント。  幼なじみのちひろとは対象的に、生徒会に所属する学園の優等生…と見せかけて実はワケアリな生徒・美咲を演じる桜井は「いつも笑いの絶えない現場でした。美咲は闇をかかえている子で、初めて演じる役柄だったのでチャレンジでした。木村監督は現場でのひらめきから演出されることもあるのですが、ベテランキャストの皆様がそれを軽やかに笑いに変えて表現されていて、私は感動していました」と撮影を振り返った。  ほかに阿岐本組組員役で伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基、葵演じるちひろの大ファンで、カメラ片手に追っかけまくる男子生徒・佑樹役で葉山奨之が出演する。  映画『任侠学園』は秋より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access