クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

不適切行為で出演映画撮影中断のビル・マーレイ、女性にボディタッチしていた!?

セレブ&ゴシップ

  • twitter
  • facebook
ビル・マーレイの不適切な行為にクレームとは、女性へのボディタッチだった!?
ビル・マーレイの不適切な行為にクレームとは、女性へのボディタッチだった!?(C)AFLO

 映画『Being Mortal(原題)』の撮影現場で、ビル・マーレイの不適切な行いがあったとするクレームが報告され、調査のために撮影が中断している問題。ビルの行った不適切行為とは、女性へのボディタッチでは?との見方が出てきた。

【写真】『ゴースト・バスターズ』出演「ビル・マーレイ」フォトギャラリー

 先週、映画『Being Mortal』の撮影現場で、不適切な行為があったと報告があり、製作のサーチライト・ピクチャーズが、調査のために撮影を中断していると報道された。

 本作は、テレビドラマ『マスター・オブ・ゼロ』のアジズ・アンサリの長編映画監督デビュー作で、終末期ケアをテーマにしたアトゥール・ガワンデのノンフィクションを元に映画化する。アジズが出演するほか、セス・ローゲン、ビル・マーレイらが共演する。

 出されたクレームは、ビルに対するものであるとみられていたが、Page Sixによると、撮影中断前、ビルは女性に対してボディタッチをしていたようだ。

 「ビルはボディタッチをよくするタイプでした。パーソナルエリアではありませんが、女性に腕を回し、髪を触ったり、ポニーテールを引っ張ったりします…楽しくですけれど」と関係者が明かしているそうだ。

 「それは線引きが微妙なところですし、皆ビルが大好きで、彼の行為は法に反するものでもありませんが、何人かの女性は不快に感じ、一線を越えたと思いました」とコメントしている。

 また、他の関係者は「ビルは女性が大好きで、女性を口説くのが好きです。詩やロマンスを楽しみ、いつでも口説いていました。でも、それは楽しい感じです。彼が一線を越えてしまったのかはわかりません」と話しているそうだ。

 ビルに関しては、2000年に公開された映画『チャーリーズ・エンジェル』の撮影中にも、ルーシー・リューに対して暴言を吐いたことが、昨年ルーシーの口から語られたばかりだった。

 さらに、この報道を受け、1991年公開の映画『おつむて・ん・て・ん・クリニック』でビルと共演したリチャード・ドレイファスの息子ベンが、ツイッターにて、同作撮影中のビルの暴力行為を暴露した。ビルが感情的に爆発し、リチャードや女性プロデューサーにグラスや重い灰皿を投げつけたため、製作会社がボディガードを雇ったと訴えている。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv