クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

映画『ミニオンズ フィーバー』、田中真弓、宮野真守、鈴木拡樹ら豪華キャスト参戦

アニメ

  • twitter
  • facebook
映画『ミニオンズ フィーバー』の日本語吹き替えを務める(上段左から)田中真弓、速水奨、大塚明夫、立木文彦、(下段左から)宮野真守、鈴木拡樹
映画『ミニオンズ フィーバー』の日本語吹き替えを務める(上段左から)田中真弓、速水奨、大塚明夫、立木文彦、(下段左から)宮野真守、鈴木拡樹(C)2021 Universal Pictures and Illumination Entertainment. All Rights Reserved.

関連 :

田中真弓

速水奨

大塚明夫

立木文彦

宮野真守

鈴木拡樹

 イルミネーションのアニメ映画最新作『ミニオンズ フィーバー』の日本語吹き替えキャストとして、声優の田中真弓、速水奨、大塚明夫、立木文彦、宮野真守、俳優の鈴木拡樹の参戦が発表された。併せて、ミニオン愛あふれるコメントも到着した。

【写真】田中真弓、宮野真守、鈴木拡樹ら『ミニオンズ フィーバー』日本語吹き替えキャスト

 本作は、怪盗グルーとミニオンたちの始まりの物語。時は1970年代。悪のボスとなるずっと前の12歳の少年グルーが、ケビン、スチュアート、ボブ、オットーといったミニオンたちと出会った頃に遡る。最も尊敬する超極悪組織ヴィシャス・シックスが、伝説の悪党であるワイルド・ナックルズをリーダーから追放したため、新しいメンバーになるために面接へとやってきたグルー。しかし、根っからの悪党気質のグルーはヴィシャス・シックスを出し抜き、彼らの宿敵となってしまう。

 そんなグルーからボスの素質を感じ取ったミニオンたちは、何者かに連れ去られたグルーを救うため、鍼灸(しんきゅう)師でカンフーの達人であるマスター・チャウの教えのもと、カンフーをマスターすることに―?

 今回新たな日本語吹き替えキャストが発表。ベル・ボトム(声・尾野真千子)が率いる“ヴィシャス・シックス”のメンバーである、ヌンチャクを用いて戦う凶暴な修道女“ヌン・チャック”に田中真弓。スパイクの付いたスケート靴でパワフルなスピンキックを得意とするスウェーデン人のローラースケートのチャンピオン“スべンジャンス”に速水奨。大きな機械式のロブスターの爪を装着したフランス人“ジャン・クロード”に大塚明夫。日常生活に支障が出ているほど巨大な鉄のこぶしを持つ“ストロング・ホールド”に立木文彦。

 そして、前作『ミニオンズ』で女悪党スカーレット・オーバーキルの夫であり、常にかっこいいスーパークールな発明家のハーブ役を演じた宮野真守が、本作ではツーリングの途中で新ミニオンのオットーを助けるバイカー役に。また、鈴木拡樹が、市村正親演じるワイルド・ナックルズに仕える子分役に決定。ベテラン声優から若手俳優までバラエティ豊かなキャストが勢ぞろいした。

 田中は「ハッチャメチャなキャラクターだらけで魅力的なミニオンズ最新作に初参加、超嬉しかったです。長い声優生活の中でなかなか演ってない悪役というのも嬉しかったです。それも『ヌン・チャック』という名前の円熟味のある女性(中年)役は、私にピッタリ(笑)とっても楽しかったです!」とコメント。

 宮野は「ハチャメチャなミニオンの世界が大好きなので、また参加する事が出来て、本当に嬉しく思います! 僕が担当する『バイカー』は、新キャラのミニオン『オットー』と関わってくる役です。どんな絡みがあるのか、楽しみに待っていてください!」としている。

 鈴木は「可愛いミニオンたちの作品に参加させていただけることに興奮しています。今までの作品に繋がる原点的なお話なので、ファンの方必見ですよ」と言葉を寄せた。

 アニメ映画『ミニオンズ フィーバー』は、7月15日より全国公開。

 コメント全文は以下の通り。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv