クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ルーク・エヴァンス、『美女と野獣』に続き『ピノキオ』で再びディズニー悪役に

映画

  • twitter
  • facebook
映画『ピノキオ』悪役コーチマンを演じるルーク・エヴァンス
映画『ピノキオ』悪役コーチマンを演じるルーク・エヴァンス(C)2022 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

 ディズニーの名作アニメーションをロバート・ゼメキス監督が実写化した映画『ピノキオ』(ディズニープラス/9月8日配信開始)で、子どもたちをロバにして売り飛ばす悪役コーチマンを演じるルーク・エヴァンスが、同役について「ゼメキス監督がアニメーションから大きくアップデートして魅力的に進化したキャラクターの一人なんだ」と明かした。

【写真】『美女と野獣』で悪役ガストン演じたルーク・エヴァンス

 ルーク・エヴァンスはディズニーの実写版『美女と野獣』で、ハンサムだがうぬぼれ屋の悪役ガストンを演じ、悪役ながら世界中で熱狂的な人気を集めた。ガストンは、目的のためなら手段を選ばないひきょうで残忍なキャラクターだが、主人公のベルに対する紳士的な振る舞いや、恋敵に嫉妬する人間的な様子が魅力的なディズニーの人気ヴィランの一人。そんなガストンを見事に演じたルークが本作で再び悪役としてディズニーの実写化映画に参加している。

 ルークが本作で演じるのは、甘い言葉で誘惑して遊園地プレジャー・アイランドへ連れてきた子どもたちをロバに変えて売り飛ばす馬車屋の店主コーチマン。何をしても許されるという夢のような場所であるプレジャー・アイランドで子どもたちがやりたい放題に遊んでいると、みるみるうちに耳やしっぽが生えてきてロバに変わってしまう。本物の人間になるために物事の善悪を学び良心を身につけるべく冒険に出たピノキオにとって、コーチマンの甘い誘惑は目の前に立ちはだかる大きな壁だ。純粋無垢で物事の善悪を知らないピノキオにとって、プレジャー・アイランドの誘惑に打ち勝つのは至難の業。コーチマンの甘い言葉に誘われてプレジャー・アイランドで遊びほうけるピノキオにも、気付けばロバの耳としっぽが生えてきてしまう…。

 子どもの心につけ込みロバにして売り飛ばす強欲なコーチマン役で再びディズニー作品の悪役を演じることについて、ルークは「コーチマンを演じるのは、間違いなく楽しかったです。僕はディズニーの悪者ばかり演じたいと思っているわけではないけど、ディズニーが僕にその魅力を感じてくれているのならこれほど光栄なことはありませんね」と語っている。

 さらにルークは「コーチマンは決していいやつではないですがとても魅力的なキャラクターで、この役を演じられてとても光栄でした。今回のコーチマンは、アニメーション版とは違った姿をしています。みなさんも想像がつくかもしれませんが、ロバート・ゼメキスの手にかかればアニメーション版と全く同じようにはいかないものなんです。彼はとても優秀です」と続け、80年以上の時を超えゼメキス監督の手によって現代によみがえる実写版コーチマンへの自信を明かした。

 映画『ピノキオ』は、ディズニープラスにて9月8日より独占配信。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv