クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

松本潤主演大河ドラマ『どうする家康』、追加キャストに古川琴音、中村勘九郎ら

ドラマ

  • twitter
  • facebook
2023年大河ドラマ『どうする家康』第6弾出演者
2023年大河ドラマ『どうする家康』第6弾出演者(C)NHK

関連 :

松本潤

酒向芳

立川談春

大貫勇輔

田辺誠一

市川右團次

古川琴音

中村勘九郎

NHK大河ドラマ

 松本潤が主演する来年1月8日スタートの大河ドラマ『どうする家康』の第6弾キャストが、公式Twitterで発表された。大河ドラマ初出演となる大貫勇輔、市川右團次、古川琴音のほか、酒向芳、立川談春、田辺誠一、中村勘九郎が出演する。

【写真】大河ドラマ初出演となる大貫勇輔、市川右團次、古川琴音ら、『どうする家康』第6弾出演者

 第62作大河ドラマとなる本作は、脚本を映画『ALWAYS 三丁目の夕日』や、ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)などで知られる古沢良太が担当し、新たな視点で歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く物語。徳川家康を松本が演じる。

 今回出演が発表されたのは以下の7人。

 明智光秀役は酒向芳。足利義昭に仕えるが、将軍の地位が危うくなると、自らを高く評価する信長(岡田准一)の配下に。笑顔の中にも、常に鋭いまなざしがあり、信長には媚びへつらうが、その本心はどこにあるのか―旧時代の破壊者か、新時代の開拓者か、物語のキーマンとなる役どころだ。

 酒向は「60代も半ばに差し掛かると、出演にあたって『意気込みは?』と問われれば、『ない』というのが正直な気持ちです(笑、人それぞれでしょうが)。ただ、奥の奥の奥に秘めた思いは、決して人には語らぬものでしょう。明智はそう言っているようです」とコメント。

 家康に難題を突きつける食えない男、佐久間信盛を演じるのは立川談春。信長の父・信秀(藤岡弘、)の代から織田家に仕える筆頭家老で、信長の無謀さや次世代の台頭に危機感を覚えつつも、織田家の足元を支える老獪(ろうかい)な政治家。徳川の監視役を任され、家康に無理難題をたびたび突きつける。

 談春は「信長を後継者にする為に動いた、信長の幼少からの最大の理解者だったのでしょう。信長からの信任は厚く、家康までも子供扱いするしたたかな武将と思います。信長ファンからも家康ファンからも好かれない嫌な男を演じられたらと思います」と言葉を寄せた。

 愚直までに信義を通す義の男、浅井長政役には大貫勇輔。北近江の戦国大名・浅井長政は、織田信長と同盟を結び、政略結婚で嫁いできた市(北川景子)を慈しむ良き夫で、信長ですら心を許す誠実さの持ち主。やがて、覇道を突き進む信長に不信感を募らせる。長政の真摯な言葉は家康の心にも響く。

 大河ドラマ初出演の大貫は「さまざまな葛藤の末、彼は自分自身の正義を信じて突き進むことを選びます。愛する者がいながらも、自分の命をかけた選択に、僕自身、ものすごく心打たれました。その重みある彼の想いを胸に、覚悟をもって演じたいと思います」と意気込んでいる。

 武田氏の一門・穴山家の当主で、武田信玄(阿部寛)からの信頼厚く、抜群の知略を生かし、外交戦略のエキスパートとして活躍。駿河侵攻では、先兵として今川家を切り崩し、のちに徳川家や織田家と対峙することになる穴山梅雪[信君](のぶただ)を、田辺誠一が演じる。

 田辺は「甲斐の国、武田家を守るために忠義を尽くしたいと思います。阿部寛さん演じる信玄公の圧倒的な存在感。その求心力で“風林火山”の旗の下、武田家の結束力を感じています」とメッセージを寄せた。

 民衆の心をつかむ一向宗徒のカリスマ、空誓(くうせい)上人には、大河ドラマ初出演の市川右團次。本證寺の住職で、家康が三河統一に苦心する中、民が苦しむのは武士のせいだと説き、集まる民衆たちを救済する。対立を深めた家康は本證寺に攻め込み、一向一揆の引き金をひいてしまう。

 右團次は「空誓は僧侶でありながらも、先ず一人の人間として常に民衆とともに生きている人物であると理解し、そこに魅力を感じました。実際にどの様な映像になっているか、今からとても楽しみです」とコメントしている。

 乱世を見つめたミステリアスな歩き巫女・千代を演じるのは、古川琴音。本證寺の境内で神秘的に舞う巫女として振舞い、家康と空誓が出会うきっかけをつくる。各地の情報を握り、重要人物と通じているが、素性も狙いも、敵か味方かも分からない。家康とは不思議な縁で、長き関係を結ぶ。

 大河ドラマ初出演の古川は、「多くの謎に包まれたミステリアスな女性です。千代本人の意思はベールに覆われていて、どこか掴みどころのない、人間離れした印象です。千代は伝承のみの人物で、ほとんどオリジナルキャラクターですので、自由に、そして力強く演じようと思います」と話している。

 困った時に現れる京の豪商・茶屋清延/四郎次郎(ちゃや・きよのぶ/しろじろう)役に中村勘九郎。三河の田舎大名・徳川家康に財を預け、出世を見込んで大博打を打った商魂たくましい陽気な男。数々のピンチを救い、家康のサクセストーリーとともに国づくりを支え、日本一への豪商へとのしあがる。

 勘九郎は「徳川家康の御用商人として取り立てられた茶屋四郎次郎、家康の数々のピンチを救った男ですが、公私ともに仲が良い“松本”家康殿の為、身を粉にしてお仕えしたいと思います。『茶屋四郎次郎にお任せあれ!!』」と言葉を寄せた。

 大河ドラマ『どうする家康』は、2023年1月8日より、NHK総合にて毎週日曜20時、NHK BSプレミアム・BS4Kにて同18時放送(初回15分拡大)。

 コメント全文は以下の通り。

次ページ

<コメント全文>

1ページ(全4ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv