クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

倉科カナ&菊池風磨W主演 『隣の男はよく食べる』実写ドラマ化決定

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ Paravi『隣の男はよく食べる』に出演する(左から)倉科カナ、菊池風磨
ドラマ Paravi『隣の男はよく食べる』に出演する(左から)倉科カナ、菊池風磨(C)「隣の男はよく食べる」製作委員会

関連 :

倉科カナ

菊池風磨

 女優の倉科カナとSexy Zoneの菊池風磨がダブル主演するドラマ『隣の男はよく食べる』(テレビ東京系/毎週水曜24時30分)が、2023年4月より放送されることが決定した。菊池はテレビ東京系ドラマ初出演。

【写真】『隣の男はよく食べる』の原作1巻書影

 原作は、デジタルコミック200万ダウンロードを誇る、「月刊 officeYOU」(集英社クリエイティブ)にて連載中の美波はるこによる同名作。長年、恋から遠ざかっていた料理上手な独身オトナ女子の手料理をきっかけに始まる、肉食年下イケメン男子とのピュアで不器用なムズキュンラブストーリーだ。

 大河内麻紀は、35歳で彼氏いない歴約10年。これといった出会いもなく、気づけば女性としていろんなところが疎かになっていた。恋はしたいけれど、もういい歳だし流される恋愛はしたくない…。そう思っていた麻紀の前に突然現れた、隣の部屋に住む年下イケメン男子・本宮蒼太との出会いで、麻紀の止まっていた恋愛の歯車が動き出す!?

 主人公・麻紀を演じるのは倉科カナ。麻紀の隣の部屋に住む、フリーのWebデザイナー・本宮蒼太役を菊池風磨が演じる。脚本は、『最果てから、徒歩5分』の川崎いづみ、『復讐の未亡人』の的場友見、監督は、同じく『復讐の未亡人』の井樫彩らが務める。

 出演にあたり、倉科は「演じさせて頂く麻紀とは年齢や仕事に邁進している所、少し臆病な所など共通点も多く、出来るだけ役柄に無理なく寄り添えたらいいなぁと思い取り組みました」と語り、「菊池さんとは初めて共演させて頂いたのですが、とても感受性が強い印象を受けました。アドリブ力も凄く、どんなアプローチをしても返してくれる安心感のある方だと感じました」と菊池の印象を明かす。

 一方の菊池は、「僕自身このようなラブストーリーの経験が少なかったのですが、麻紀を演じる倉科カナさん、井樫監督、素晴らしい出演者やスタッフの皆さまのおかげで楽しくのびのびと撮影させていただきました」と振り返り、「年下男子としての胸キュンポイントをすべて楽しく演じ切ることができたと思っております。麻紀の手料理を美味しく食べる蒼太、そして甘くてほろ苦いラブストーリーをお楽しみください!」とメッセージを寄せた。

 また、原作者の美波は「しなやかで軽やかに本宮の手綱を握れるであろう倉科さん演じる麻紀と、セクシーと爽やかを併せ持つ菊池さん演じる本宮が楽しみです」、井樫監督は「人は何歳になっても恋をしていいし、三大欲求に忠実で良い、そんなことを伝えていけたらと思っています」とコメントしている。

 ドラマ『隣の男はよく食べる』は、2023年4月よりテレビ東京系にて放送予定。動画配信サービス「Paravi」にて毎話独占先行配信。

 ※キャスト、スタッフのコメント全文は以下の通り。

次ページ

<コメント全文>

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv