クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

日向坂46、欠席の影山優佳含む“総勢33人”の意志で見せた「ひなくり2022」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
日向坂46「ひなくり2022」
日向坂46「ひなくり2022」 写真:上山陽介

 日向坂46が17〜18日、東京・有明アリーナで恒例のクリスマス公演「ひなくり2022」を開催した。18日に行われた最終日の公演では、全19曲を披露。アンコールでは、9月に卒業発表をした二期生・宮田愛萌もステージへ立ち、グループ卒業への思いを語った。

【写真】宮田愛萌の卒業あいさつも 「ひなくり2022」ライブフォト(34枚)

 クリスマス仕様のオープニングVTRと共に「Overture」が流れ、パフォーマンスは、一期生・齊藤京子がセンターを務める最新シングル表題曲「月と星が踊るMidnight」でスタート。「青春の馬」「ときめき草」「アディショナルタイム」と、冒頭から多彩な楽曲で観客の心をつかんだ。

 MCでは、公式発表で「コンサート等大きな音がある環境下での活動が難しい状況」にあるとして、両日の公演を欠席した一期生・影山優佳に話題が及んだ。

 彼女と同期のキャプテン・佐々木久美はグループを代表して「メンバーの影山がお休みになってしまうんですけども、(総勢)33人分の気持ちで今日も頑張ってまいります」と伝え、三期生の高橋未来虹(「高」は正式表記は「はしごだか」)は「影さん(影山)が顔を出してくださったんですよ。楽屋とかに。そこで私は、自慢じゃないんですけどね。ギューしたり、写真撮ったり、一緒にご飯食べたり、いっぱい影さんのパワーを頂いていたので、今日は影さんのパワーを背負って頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 9月加入で「ひなくり」初参加の五期生もMCに参加し、同期を代表して藤嶌(しま)果歩 が「私は北海道の出身で、クリスマスと言ったら雪があるのが定番だったんですけど、東京は雪が降らないみたいで。でも、今回こうやって雪じゃなくて、おひさま(ファンの愛称)のみなさんと一緒にクリスマスを過ごせるっていう本当に幸せでいっぱいの時間を与えていただいて、本当にありがとうございます」と感謝を伝えた。

 「ママのドレス」の曲中では、佐々木久美が「影山優佳」と描かれた赤いタオルを手にしてパフォーマンス。「My god」「世界にはThank you!が溢れている」、フレッシュな表情を見せた四期生の楽曲「ブルーベリー&ラズベリー」、「一生一度の夏」などを立て続けに披露した。

 MCでは、2023年2月11〜12日の開催を発表した千葉県・幕張イベントホールで行われる四期生のイベント『日向坂46四期生「おもてなし会」』を告知。パフォーマンスへ戻り、「HEY!OHISAMA!」「誰よりも高く跳べ!2020」「キツネ」などの定番曲でたたみかけ、本編は、全員で手を掲げる会場が一体感に包まれた「知らないうちに愛されていた」で終了。暗転した会場に手拍子が響き、観客の熱意に応えてアンコールがスタートした。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv