クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『星降る夜に』開始1分のキスシーンにネット騒然も感動展開に涙「笑えるのに泣ける」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『星降る夜に』第1話より
ドラマ『星降る夜に』第1話より(C)テレビ朝日

関連 :

吉高由里子

北村匠海

 吉高由里子が主演を務め、北村匠海が共演するドラマ『星降る夜に』(テレビ朝日系/毎週火曜21時)の第1話が17日に放送され、開始1分で吉高と北村によるキスシーンが描かれるとネットは騒然。しかしその後、感動的な展開を迎えると「笑えるのに泣ける」「号泣だよ」といった声が集まった。

【写真】キャンプ場で運命の出会いを果たす鈴(吉高由里子)と一星(北村匠海) 『星降る夜に』第1話場面カット

 本作は、孤独に生きる35歳の産婦人科医・鈴(吉高)と、音のない世界で生きる10歳下の遺品整理士・一星(北村)が、運命の恋を育んでいくヒューマン・ラブストーリー。

 第1話の冒頭では、ソロキャンプに出かけた鈴が満天の星空の下、一星と運命的な出会いを果たす様子が描かれる。イスに腰かけて星空を見上げる鈴に、初対面のはずの一星がいきなりキス。驚いた鈴が思わず一星をビンタすると、視聴者も番組スタート1分で訪れたキスシーンに「いきなりかよ!?!?」「キスシーン最速ちゃう?笑」と騒然。

 そこから数日後。鈴は母・愛子(岸本加世子)が入院先の病院で息を引き取ったことを知る。そして葬儀の会場で鈴は、遺品整理士として愛子の遺品を整理した一星と再会する。

 葬儀を終えて休む間もなく職場に復帰した鈴は、陣痛が始まった里子(近藤春菜)のお産に立ち会う。あまりの苦しみに里子は「お母さーん! 助けてー!」と絶叫。しかし里子の母親が3年前に亡くなっていることを知った鈴は「お母さん! 娘が大変な時になんでいないんだー!」と大声を上げる。

 そして鈴は自身も母を亡くしたばかりだと明かしながら、赤ちゃんを取り出すために「じゃあみんな! “お母さーん!”のかけ声で息吸ってながーく吐きますよ!」と呼びかける。分娩室に集まる全員で「お母さーん!」と絶叫する姿が描かれると、ネット上には「笑えるのに泣ける。ズルいー」「号泣だよ」などの反響が相次いだ。

 ラストシーンでは、鈴が一星に借りていたマフラーを返しつつ、手話で“お前のキス、大したことなかったけどな”と反撃。2人のユーモラスなやりとりが描かれて第1話の幕が閉じると、ネット上には「笑いあり涙あり…感情が大忙し とっても素敵でした」「匠海くんと吉高ちゃんのビジュアルとお芝居が良くて引き込まれた〜」といった投稿も多数寄せられていた。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv