クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Hey! Say! JUMP・中島裕翔、主演舞台『ひげよ、さらば』9月より上演 共演に柄本時生

エンタメ

PARCO劇場開場50周年記念シリーズ『ひげよ、さらば』(上から)主演の中島裕翔、共演の柄本時生

PARCO劇場開場50周年記念シリーズ『ひげよ、さらば』(上から)主演の中島裕翔、共演の柄本時生

関連 :

中島裕翔

Hey! Say! JUMP

柄本時生

 Hey! Say! JUMPの中島裕翔が主演を務め、柄本時生が共演するPARCO劇場開場50周年記念シリーズ『ひげよ、さらば』が、9月に東京・PARCO劇場、10月に大阪で上演されることが決まった。

【写真】中島裕翔、英語で堂々あいさつ「本当に夢のよう」 『#マンホール』でベルリン国際映画祭へ

 本作は、上野瞭が1982年に理論社より出版した同名の児童文学の傑作を、蓬莱竜太の脚本・演出により舞台化。音楽は稲本響。NHK大河ドラマ『どうする家康』でも音楽を担当する稲本が、このドラマティックな物語にさらに花を添える。

 2021年の『ウェンディ&ピーターパン』以来、2年ぶりの舞台出演となる中島が演じるのは、記憶をなくした猫「ヨゴロウザ」。そして、峠に住む隻眼のアウトローで、孤立しつつも皆から一目置かれている「片目」を演じるのは柄本時生。舞台では初共演となる2人が、互いを必要とする共依存のような関係にある、「ヨゴロウザ」と「片目」を演じる。

 峠に住む野良猫たち、しかしその峠は野良犬たちに狙われていた。統率力を持って動く犬たちに、勝手気ままに暮らす猫たちが住む峠が支配されるのは時間の問題であった。そして、猫の「片目」は一匹だけそんな状況に危機感を持っていた。

 ある時、峠に記憶を無くした猫がたどり着いてくる。名前は「ヨゴロウザ」。自分の名前しか覚えていない。名前からして飼い猫であったことは推察されるが、それ以外のことは何も覚えていなかった。「片目」は「ヨゴロウザ」と出会い、野良犬たちと対抗する組織を作るために「ヨゴロウザ」を峠のリーダーに担ぎ上げようとする。「片目」は「ヨゴロウザ」に峠での生き方、戦い方などいろいろなことを教えていく。そして、リーダーに求められること、それぞれの猫たちの性格、犬の怖さなど…。かたくなな心を持った峠の猫たちも、リーダーシップを発揮していく「ヨゴロウザ」に対して徐々に心を開いていく…。

 蓬莱は「これは野良猫たちの物語です。野良犬たちとの争いの中で猫たちは色んな苦難を味わいます。それはまさに人間世界の縮図のようです。幼い頃夢中で読んだ児童文学を、大人になった今の視点で大胆に翻案したいと思います。大人にも子供にも演劇の面白さを伝えられたら嬉しいです」とコメント。

 中島は「とても面白い題材だにゃと思いました。まさか自分が猫ににゃるとは…この世界がどう表現されていくのかとても楽しみです。擬人化された猫の社会を覗きに来てほしいにゃと思います」とコメント。

 柄本は「おそらく蓬莱さんと知り合って10年ぐらいだと思います。その間、ずっとご一緒したいと思っていました。お会いした時に、『いつ呼んでくれるんですか??』って言いました。そうしたら、すごい速さで、この作品の出演が決まりました。嬉しいのと同時に、下手を打てないぞぉというのがすごい頭の中を巡っています。せっかくなのでうんと楽しんでうんと考えてうんと頑張りたいと思います。宜しくお願い致します」としている。

 PARCO劇場開場50周年記念シリーズ『ひげよ、さらば』は、9月に東京・PARCO劇場、10月に大阪で上演。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る