クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

『どうする家康』“茶々”北川景子、“千姫”原菜乃華を救うまさかの行動に涙「最高に推せる」(ネタバレあり)

ドラマ

大河ドラマ『どうする家康』第46回「大坂の陣」より
大河ドラマ『どうする家康』第46回「大坂の陣」より(C)NHK

関連 :

北川景子

原菜乃華

NHK大河ドラマ

 松本潤が主演を務める大河ドラマ『どうする家康』(NHK総合ほか)第46回「大坂の陣」が3日に放送され、茶々(北川景子)が千姫(原菜乃華)を救うためにまさかの行動に出ると、ネット上には「最高に推せる」「号泣」といった反響が寄せられた。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】徳川と豊臣の間で板挟みになる千姫(原菜乃華) 『どうする家康』第46回「大坂の陣」場面カット

 豊臣家復活を願う方広寺の鐘に、家康(松本)を呪う言葉が刻まれたという。家康は茶々が徳川に従い、人質として江戸に来ることを要求。徳川家と豊臣家の仲介役・片桐且元(川島潤哉)からこの話を聞かされた大野治長(玉山鉄二)は激怒すると、且元の暗殺をほのめかす。

 秀頼(作間龍斗)の妻として大坂城で暮らしていた家康の孫・千姫は、徳川家と豊臣家の間で戦が始まる気配を感じ、不安を募らせる。

 そんな中、家康はついに14年ぶりの大戦に踏み切る。全国大名に呼びかけ、30万の大軍で大坂城を包囲、三浦按針(村雨辰剛)に用意させたイギリス製大筒も配備する。一方の茶々と秀頼も家康を迎え撃つべく戦の準備に取りかかる。秀頼のもとに家臣が集まり決起すると、茶々は千姫に家臣を鼓舞するよう命じるのだった。

 その後、戦が始まると家康が指揮をとりながらも苦戦。早く戦を終結させるために、孫の千姫が暮らす大坂城めがけて大筒を発射するよう命じる。徳川が放った大筒は大坂城に命中。衝撃で城の中が騒然とする中、茶々は天井の崩落から身を挺して千姫の命を守るのだった。

 頭を負傷し倒れる茶々の姿を見た千姫が「義母上?…義母上!」と叫ぶ姿が映し出されて第46回が幕を閉じると、ネット上には「お千ちゃんを守りに走る茶々様がすごく良かった…」「茶々様の表情が子を守る母親の顔すぎてもう最高に推せる」などの声が続出。さらに「茶々さまが千姫守ったところ泣ける」「千姫を庇いにいった茶々様で号泣」「庇ったところほんとに涙止まらなすぎた」といったコメントも相次いでいた。

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る