クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

ファンタジーホラー『男神』映画化決定! 主演は遠藤雄弥、共演に須田亜香里ら

映画

映画『男神』に出演する(左から)遠藤雄弥、須田亜香里
映画『男神』に出演する(左から)遠藤雄弥、須田亜香里

関連 :

遠藤雄弥

須田亜香里

井上雅貴

 遠藤雄弥を主演、須田亜香里を共演に迎え、井上雅貴監督による映画『男神』の製作が決定した。2025年秋の国内公開、海外映画祭への出品を目指す。

【写真】カトウシンスケ、彩凪翔らも出演 映画『男神』キャスト陣

 原作「男神」は、2020年に「日本(美濃・飛騨等)から世界へ!映像企画」にて入選し、YouTube超人気サイト「怖い話怪談朗読」にて朗読され、「今までで一番怖い話」と一躍注目を浴びた話題作。視聴者からの映像化への熱い期待を受け、オリジナルストーリーで撮影地となる日進市の協力により映画化が決定した。

 縄文から続く荒ぶる神。年少の男子を生贄として捧げたことから、「男神」と呼ばれ、その実態は誰も知らず、伝説の神として言い伝えられていた。

 新興住宅地の日星市、建設会社で働く和田は、建設途中で埋蔵文化財を見つける。その数日後、不思議なことが起こった。工事現場に深い穴ができ、街の少年、和田の息子も神隠しのようにいなくなってしまった。その穴の先には不思議な森に繋がり、美しい女性たちが着物や巫女の姿で男神を鎮めるための怪しげな儀式をしていた。息子がその森に迷い込んだことを知った和田は、その穴に入ることを決意する。

 主人公・和田勇輝役には、『ONODA 一万を超えて』で鮮烈なインパクトを残した遠藤雄弥。「僕自身、ファンタジーホラーというジャンルの映画に携わるのは、初めてで、井上監督や共演者、スタッフの皆様と一緒に、どんな映画が出来上がるのか、今からワクワクしています。普遍的な家族愛というテーマも今作の注目すべき点だと思いますので、ファンタジックな世界観も相まって、見たことのない、皆様が楽しんでいただける映画が出来るのではないかと思っています」と意気込みを語る。

 さらに、山下工務店の社長令嬢役を演じる須田亜香里をはじめ、カトウシンスケ、彩凪翔、沢田亜矢子、塚尾桜雅らが脇を固める。監督を務めるのは、『レミニセンティア』『ソローキンの見た桜』の井上雅貴。撮影は9月中旬より10月にかけて行い、日進市、下呂市縄文遺跡、飛騨高山の雄大な自然を背景もカメラに収める。

 映画『男神』は2025年劇場公開。

※遠藤雄弥、須田亜香里らのコメント全文は以下の通り。

次ページ

<コメント全文>

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る