クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

映画史に残る特殊メイクベスト10発表『トッツィー』から『パンズ・ラビリンス』まで

映画

  • twitter
  • facebook
『パンズ・ラビリンス』「映画史に残る特殊メイクベスト10」
『パンズ・ラビリンス』「映画史に残る特殊メイクベスト10」(C)AFLO

 映画の世界観を生み出す特殊メイク。映画情報を伝えるユーチューブチャンネルCineFixが、特殊メイクアーティストたちへの敬意に満ちた「映画史に残る特殊メイクベスト10」を紹介している。

【関連】「映画史に残る特殊メイクベスト10」一部を紹介<フォトギャラリー>

1、『X‐MEN』シリーズのミスティーク
もともとはボディスーツとエアブラシを使用して12時間かけていたが、のちにボディスーツのみで対応できるようになったそう。

2、『トッツィー』(83)
ダスティン・ホフマンがこの役を引き受けたときの条件は、「NYを歩いても女性として通用するメイク」。実際に当時小学生だった娘も騙せたそう。

3、『ザ・フライ』(87)
特殊メイクを担当したクリス・ウェイラスは、続編『ザ・フライ2/二世誕生』(89)で監督デビュー。

4、『エレファント・マン』(81)
デヴィッド・リンチ監督がデザインも手掛けるはずがうまくいかず、クリストフ・タッカーが参加。この映画がアカデミー賞メイクアップ部門誕生のきっかけとなった。
 
5、『フランケンシュタイン』(32)
当時の技術で4時間もかかったという。

6、『猿の惑星』(68)
顔の筋肉が動く特殊メイクが誕生。大勢をメイクするため、ハリウッド中のメイクアーティストが動員され、他の撮影に影響を与えたという。

7、『ゴッドファーザー』(72)
47歳だったマーロン・ブランドを、メイクと口の中のティッシュだけで見事に老けさせた。

8、『モンスター』(04)
シャーリーズ・セロンが10キロ以上も太ったことも別人のように見せている理由の一つだが、髪や肌の質を完全に変えてしまったのはメイクの力。本作の演技でアカデミー主演女優賞を獲得。
 
9、『21ジャンプストリート』(12)
カメオ出演したジョニー・デップを、あそこまで隠しきってしまったのはさすが。

10、『パンズ・ラビリンス』(06)
ギレルモ・デル・トロ作品のクリーチャーたちはアニマトロニクスで作られている部分もあるが、特殊メイクの力も大きい。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access