クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『攻殻機動隊』実写化、草薙素子役の候補にスカーレット・ヨハンソンが浮上か

映画

  • twitter
  • facebook
スカーレット・ヨハンソンが『攻殻機動隊』ハリウッド実写版に出演か?(※写真は『LUCY/ルーシー』より)
スカーレット・ヨハンソンが『攻殻機動隊』ハリウッド実写版に出演か?(※写真は『LUCY/ルーシー』より)(C)AFLO

関連 :

スカーレット・ヨハンソン

ルパート・サンダース

 ハリウッドで進められている士郎正宗原作の人気サイバーパンク・コミック『攻殻機動隊』実写版に、『LUCY/ルーシー』のスカーレット・ヨハンソンが出演する可能性があるかもしれない。

【関連】スカーレット・ヨハンソン主演アクション『LUCY/ルーシー』フォトギャラリー

 原作の『攻殻機動隊』は、サイボーグ技術が発展した近未来の日本を舞台に、公安9課の草薙素子を隊長とする攻殻機動隊の活躍を描く。

 Deadlineによると、製作のドリームワークスが、スカーレットに1000万ドル(約10億6320万円)で出演をオファーしたという話があるらしい。スカーレットは『LUCY/ルーシー』や、マーベル映画のブラック・ウィドウ役でアクションのヒロインを演じられることを証明し、出演料が上がっているという。

 主演候補としては先に、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)のナオミ役で知られる女優マーゴット・ロビーが主演として初期段階の交渉に入っていると伝えられていたが、こちらの交渉は成立しなかったようだ。

 『攻殻機動隊』実写版は、映画『スノーホワイト』(12)のルパート・サンダーズが監督、脚本は映画『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』(11)のウィリアム・ウィーラーが手掛ける予定になっている。

 一方、マーゴットはというと、先日ワーナー・ブラザースが2020年までに公開する作品として発表したDCコミック・ヒーロー映画の1つ、『Suicide Squad(原題)』に出演する方向で話が進んでいるらしい。

 本作はDCコミックに登場する凶悪犯が集まる秘密部隊の活躍を描く。監督は映画『フューリー』(14)でメガホンを取ったデヴィッド・エアーが正式決定している。キャストについては発表されていないが、マーガットと新作『Focus(原題)』で共演しているウィル・スミスや、映画『ダークナイト ライジング』(13)のトム・ハーディの名前が挙がっている。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access