『アベンジャーズ』キャラポスター4種解禁 等身大の“人”として描くビジュアルに

映画

  • twitter
  • facebook
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 7月4日ロードショー
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 7月4日ロードショー(C)Marvel 2015

関連 :

ロバート・ダウニー・Jr.

スカーレット・ヨハンソン

クリス・エヴァンス

クリス・ヘムズワース

ジェレミー・レナー

サミュエル・L・ジャクソン

 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(7月4日公開)のキャラポスター全4種が一斉解禁された。アイアンマンこと“戦う実業家トニー・スターク”の強い決心が現れたビジュアルを筆頭にヒーローではない等身大の“人”として戦いに挑むアベンジャーズたちの姿が描かれている。

【関連】『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』キャラポスター フォトギャラリー

 全米では5月1日より本作が公開され、2週連続No.1を獲得し、公開からわずか10日間で興行収入3億ドル突破。主要各国でも次々と初登場首位をマーク、全世界興行収入の累計は既に約8億7500万ドル(約1050億円)に到達した。全世界興行収入歴代3位の『アベンジャーズ』に続き、再び歴史を塗り替える勢いとなっている。

 今回公開されたキャラポスターで描かれているのは、ヒーローではなく等身大の“人”としてのアベンジャーズ。アイアンマンの強い決意や、ホークアイの「命をかけて守り抜く」というメッセージ、キャプテン・アメリカたちの抱く“仲間への信頼”。そして、“魔性のスパイブラック・ウィドウ”が一人の女性として愛する人を思う気持ちが表現されており、本編への期待が膨らむ仕上がりとなっている。。
 
 アベンジャーズの一員・アイアンマンとして、人類の危機を何度も救ってきたトニーだが、彼は「自分たちの手におえない敵が現れたら…?」という恐れを抱き、脅威から愛する人を守るために平和維持システム・人工知能“ウルトロン”を作り上げる。しかし、愛なき人工知能が選択した“究極の平和”とは…。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access