クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

野村萬斎、人気脚本家・古沢良太書き下ろしで現代劇に初挑戦!宮迫博之とコンビに

映画

  • twitter
  • facebook
古沢良太が書き下ろす映画『スキャナー』で野村萬斎と宮迫博之が初共演!
古沢良太が書き下ろす映画『スキャナー』で野村萬斎と宮迫博之が初共演!(C)2016「スキャナー」製作委員会

関連 :

野村萬斎

宮迫博之

古沢良太

 野村萬斎が、TVドラマ『リーガル・ハイ』や映画『エイプリルフールズ』などを手掛ける人気脚本家・古沢良太が書き下ろす新作映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』で、現代劇に初挑戦することがわかった。さらに、野村がコンビを組む相方・芸人役を宮迫博之が演じる。

【関連】「野村萬斎」フォトギャラリー

 ホームズとワトソン、明智小五郎と小林少年、ルパンと次元など、事件ものではその時代を代表するようなコンビが生まれてきた。本作では、野村と宮迫が、これまでにないコンビを組み、事件に挑む。

 残留思念を読み取ることができる特殊能力を持った男・仙石和彦(野村)は、かつてその能力でマイティーズというコンビとして日本中を沸かせていたが、その能力の代償に神経をすり減らし、コンビも解散、以来、マンションの管理人として人目を避けた生活を送っている。一方、相方のマイティ丸山(宮迫)もピン芸人になるものの、鳴かず飛ばずでクビ寸前の状態だった。そんな時、秋山亜美という一人の女子高生が仕事の依頼で訪れる。その依頼とは、解散したマイティーズに、行方不明となったある女性を捜して欲しいというものだった。

 野村は、「僕も漫才師になったような不思議な気分です(笑)。狂言もセリフ術ですが、今回セリフの応酬で魅せる部分もあるこの作品の中で話芸を培われた宮迫さんと一緒にやると非常にテンポ感が出ます。お互いが楽しんでいて、それを人が見て楽しい。そんなコンビネーションになっていると思います」と宮迫との共演について語る。

 一方の宮迫は、「本来、映像のお仕事に限らず、ある程度の緊張を持って仕事に臨むんですけど、今回は芸人ということもあって今の所、ほぼフラットです(笑)」と撮影への思いを話すと、「萬斎さんとお仕事させてもらうのは初めてなんですけど、とにかく初対面の感じがしなかった。不思議と何の違和感もなくリズムよくできたんです」と野村の印象を語った。

 違う世界で活躍する2人がこれまでにない新たなコンビとして誕生する映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は2016年GW全国ロードショー。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access