クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『バクマン。』佐藤健、監督からの“ド変態プレイ”を暴露 キャスト陣が明かす撮影秘話

映画

  • twitter
  • facebook
『バクマン。』撮影秘話を明かす
『バクマン。』撮影秘話を明かす クランクイン!

関連 :

佐藤健

神木隆之介

大根仁

 佐藤健と神木隆之介が共演し、第39回日本アカデミー賞で6部門を受賞した映画『バクマン。』のブルーレイ&DVDが4月20日に発売される。その豪華版の特典映像として収録されるビジュアルコメンタリーの収録がおこなわれ、佐藤、神木に加え、大根仁監督と川村元気プロデューサーの4人が集結し撮影を振り返った。

【関連】映画『バクマン。』特典映像収録の様子&豪華版ブルーレイ&DVD<フォトギャラリー>

 本作は、『DEATH NOTE』のコンビが描いた同名コミックを原作に、高い絵の才能を持つ真城最高(サイコー/佐藤)と巧みな物語を書く高木秋人(シュージン/神木)の二人の高校生マンガ家が、週刊少年ジャンプの連載を目指すという夢に向かって突き進む青春映画。

 本作公開後も、顔を合わせる機会が多かったという4人。数々の裏話や、仲の良さを感じさせる会話が続いた収録現場だったが、小松菜奈演じる亜豆が登場するシーンになると、佐藤から驚きの撮影秘話が明かされた。このシーンは、大根監督が自らカメラを持って撮影を行ったシーンだったが、「オレをドキッとさせて、とか言って撮ってましたよね」と、佐藤から大根監督の“ド変態プレイ”が暴露されたのだ。

 また、佐藤演じる最高と、神木演じる秋人の作業場となる最高の“おじさん”の部屋に入るシーンでは、神木は「リハーサルでセットに入った時と、同じテンション」だったといい、神木にとって、本作の芝居は、ほとんど「素だった」と明かした。さらに、映画がクライマックスに近づくと、佐藤は「あらためて見ると、いい映画ですね」とつぶやき、「マンガを描くというだけでも、いろんな表現があって、本当に見入ってしまう」と語った。

 ビジュアルコメンタリーでは、この他にも貴重な裏話や作品への思いが語られており、ファン必見の映像といえる。

 『バクマン。』豪華版のブルーレイ(7800円・税抜)、DVD(6800円・税抜)は、4月20日発売。特典映像として、今回のビジュアルコメンタリー、メイキング、釜山映画祭での模様なども収録。また、ブックレットに加え、劇中で最高と秋人が集英社に訪れる際、原稿が入ったブリーフケースに貼られていたステッカーも封入される。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access