クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

福山雅治、ジョン・ウー監督作の代名詞“白い鳩”が飛ぶ姿に「本当に感動」

映画

  • twitter
  • facebook
映画『追捕MANHUNT(原題)』キックオフ会見より
映画『追捕MANHUNT(原題)』キックオフ会見より2017 Media Asia Film international Ltd. All Rights Reserved

関連 :

福山雅治

ジョン・ウー

チャン・ハンユー

 ジョン・ウー監督がメガホンを取り、福山雅治がチャン・ハンユーとW主演を務める映画『追捕 MANHUNT(原題)』のキックオフ会見が15日、 中国にて実施。 福山は自身のアクションシーンでウー監督作の代名詞「白い鳩」が飛んだことを振り返り、「本当に感動しました」と語った。

【関連】「福山雅治」フォトギャラリー

 『追捕 MANHUNT(原題)』は、制作費約4000万ドルを費やした超大作。劇中では、大阪の製薬会社の顧問弁護士を辞職した後、 突如として 同僚女性殺害の容疑を受けた国際弁護士・杜秋(チャン)と、彼を追いつめる内に事件の状況証拠を怪しく思い、容疑そのものに疑問を抱き始める敏腕警部・矢村聡(福山)の姿が描かれる。

 ウー監督のファンだと明かした福山は「撮影中にも印象的なシーンがたくさんありましたが、自分のアクションシーンでジョン・ウー監督作品の代名詞とも言える『白い鳩』が飛んだときは、本当に感動しまして、何度も何度も現場のモニターをチェックして…。すごく嬉しかったです」と撮影を述懐。また中国のファンに向けて、「やっと映像作品で中国に来ることができたので、 今度はライブで来れるように頑張っていきたいと思っています。なるべく早く来ます!ちょっとだけ待っててください」と語った。

 会見では、中国版ティザーポスターも解禁された。手錠をはめられた手と手が重ね合わされ、軽く握られようとしている背景には、やはり「白い鳩」の姿が…。男らしい力強さに加え、美しさも感じさせるデザインに仕上がったポスターは、ウー監督が自身のスタイルを貫き本作を完成させたと宣言しているようだ。

 映画『追捕 MANHUNT(原題)』は2018年全国ロードショー。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv