武田玲奈、“ミニスカ制服姿”で主演映画アピール「最初は不安あった」

映 画

『人狼ゲーム インフェルノ』完成披露舞台挨拶に登壇した(左から)上野優華、武田玲奈、都丸紗也華
『人狼ゲーム インフェルノ』完成披露舞台挨拶に登壇した(左から)上野優華、武田玲奈、都丸紗也華 クランクイン!

 モデルで女優の武田玲奈が29日、主演映画『人狼ゲーム インフェルノ』の完成披露舞台挨拶に出席。シリーズ7代目の主役としてのプレッシャーを吐露しつつも、「(出演者たちの)緊張感や集中力を味わってほしい」と笑顔でアピールした。

【写真】『人狼ゲーム インフェルノ』完成披露舞台挨拶フォトギャラリー

 同作は、人気の若手俳優を輩出する登竜門として知られる『人狼ゲーム』シリーズの最新作。鶴ヶ岡高校2年3組の野々山紘美(武田)は、クラスメイト10人で殺し合う「人狼ゲーム」に強制参加させられ、友達を惨殺する“人狼”の役目を担うことに。一方、事件を追う刑事たちは、同ゲームを支配する謎の男(水野勝)にたどり着く。

 シリーズ7代目の主人公・野々山を演じた武田は、ミニスカの制服で登場。本作に関して「(作風が)すごくシリアス。若干ハードな部分もあると思うけれど、(出演者たちの)緊張感や集中力を味わってほしい」とアピールした。

 オファー当時を振り返って「選ばれたときは素直にうれしかった。ただ長いシリーズということで、たくさんのファンがいらっしゃるんだろうなと思って、最初は不安があった」と告白した。

 同作はシリーズ初の試みとして、テレビドラマ『人狼ゲーム ロストエデン』の放送を経ての映画公開。両方で主演を演じた武田は「1ヵ月半くらい、ドラマから映画にかけて撮影をしていた。ハードな撮影をずっとしていたので、集中力を保つのが大変だなと思った」と話した。

 また、役作りにあたって「本読みしたとき、監督が『自由にやっていいよ』と言ってくださったのが印象的だった。それで撮影をすごく楽しみにしていた記憶がある」と白い歯をこぼした。

 イベント後半には、本作のタイトルにちなんで“インフェルノ(地獄)体験”をそれぞれ告白することに。ステージ中央の武田は、共演者たちのはつらつとしたトークに、満面の笑みを浮かべて聞き入っていた。

 同イベントには武田のほか、上野優華、都丸紗也華、山地まり、勧修寺保都、吉原拓弥、久田莉子、時人、米本来輝、平松賢人、大和孔太、貴志晃平、吉原雅斗、海田朱音、水野勝、綾部真弥監督が出席。登壇予定だった小倉優香は、体調不良で欠席した。

 映画『人狼ゲーム インフェルノ』は4月7日より全国公開。

関連記事

あなたにおすすめのビデオ&コミック

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最新ニュース

新作ビデオ

  • 【先行配信】斉木楠雄のΨ難
  • 【先行配信】フラットライナーズ
  • 【先行3年レンタル】スター・ウォーズ/最後のジェダイ
  • 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
  • バッド・ウェイヴ
  • 【先行配信】オリエント急行殺人事件
  • 亜人
  • あゝ、荒野 劇場版 前篇
  • ユリゴコロ
  • パーソナル・ショッパー
  • LETHAL WEAPON/リーサル・ウェポン<ファースト・シーズン>
  • 花は咲くか

新作コミック

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access