柳楽優弥、是枝裕和監督の愛弟子デビュー作に主演

映 画

映画『夜明け』場面写真
映画『夜明け』場面写真(C)2019「夜明け」製作委員会

 俳優の柳楽優弥が、是枝裕和監督の愛弟子・広瀬奈々子監督のデビュー作となる映画『夜明け』で主演を務めることが決定した。かつて、是枝監督の『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭史上最年少で主演男優賞を受賞した柳楽は、広瀬監督について「初めてお会いした時から嘘のない目をしていて、この人について行こうと思える、とても心強い監督でした」とコメントしている。

【写真】柳楽優弥、小林薫が共演 映画『夜明け』場面写真

 本作は、ある秘密を抱えて逃れてきた青年(柳楽)と、彼を偶然助けることとなった見ず知らずの初老の男・哲郎(小林薫)が織りなす物語。青年は徐々に心を開いていき、二人は何かを埋め合うように信頼関係を築いていくが、実は哲郎にも決して忘れられない過去があった。二人の寄る辺なき魂は、どこへ向かうのか。

 本作の脚本は、是枝監督や西川美和監督のもとで監督助手を長年にわたって務めてきた広瀬監督が書き下ろしたオリジナル。キャストには柳楽や小林のほか、堀内敬子、YOUNG DAISも名を連ねている。柳楽は「今回久しぶりに、人と人との繋がりに重きを置いた作品に参加させて頂きました。地方での撮影中、共演者の方々と、不思議と役柄のような距離感で過ごせたこともあり、支えられた事も多かったです」と撮影を回想。広瀬監督に関しては「初めてお会いした時から嘘のない目をしていて、この人について行こうと思える、とても心強い監督でした」と評している。

 一方、是枝監督は本作について「脚本は、彼女らしく、骨太で繊細な人間描写が文字の上からでも充分伝わる作品です。彼女の為なら、と、多くのスタッフが参加を表明してくれていて、恵まれたデビュー作になりそうです」と発言。広瀬監督自身は「震災以降の社会や権力のあり方について、20代の間に自分の中で悶々としていたものを全てぶつけるつもりで書き始めました。若い世代とその親世代に、それぞれの角度から観てもらえると嬉しいです」と思いを明かしている。

 映画『夜明け』は2019年全国ロードショー。

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access