クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

トム・クルーズ、全治9ヵ月の診断も6週間で復帰!『M:I』撮影中の“骨折”に言及

映画

  • twitter
  • facebook
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見に出席したトム・クルーズ
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見に出席したトム・クルーズ クランクイン!

 俳優のトム・クルーズが18日、都内で行われた『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の記者会見に出席。『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』以来約2年ぶり、通算23回目の来日となるトムは、「我が家に戻ってきたような気分。何よりこのチームで帰って来られたのがうれしい」と満面の笑顔を見せた。なお、この日はトムと共に来日しているヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督も会見に出席した。

【写真】トム・クルーズら豪華キャスト来日!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見の様子

 本作は、トムが伝説的スパイ=イーサン・ハントを演じる大人気スパイアクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作。3つの都市を標的にした同時核爆発を未然に防ぐためイーサン率いるIMFチームが新たなミッションに挑む。

 今回も“ノンスタント”で数々のアクションに挑んでいるトム。足の骨折に見舞われ撮影が中断したとニュースで話題となった“ビルジャンプ”について、「とても痛かったけれど、カメラが回っていたので、そのまま必死に走り続けた」と述懐。そのあと病院の医師から、「手術は必要ないが、全治9ヵ月はかかるかも」と言われ、これに対して「いや、6週間で戻りたい」と主張すると、さすがに呆れ顔をされたそうだが、有言実行のトムはその言葉通り6週間で現場復帰。そして問題のシーンは、そのまま本編に使われ、激痛に耐えながら走るトムの姿が映し出されている。

 このほか、成層圏ギリギリの高度約8000mの高さから時速320kmで降下し、地上スレスレでパラシュートを開くという“ヘイロージャンプ(高高度降下低高度開傘)”や、2000時間の飛行訓練を行い臨んだヘリコプターによる命がけの“スパイラル飛行”、さらには4日間にわたり本気で殴り合ったというヘンリーとの“レストルームバトル”など、とにかく、CGを使わない“真剣勝負”のスタントに自ら挑むのが、本シリーズの真骨頂。初参戦となったヘンリーは、自身の出世作『マン・オブ・スティール』を引き合いに出し、「ここだけの話だけれど(笑)、スーパーマンはほとんどCG。でも、今回のスタントは全て自分でやった」と誇らしげに語る。

 これについてトムは、「どんな映画でも、常に自分に挑戦すること、観客のために全力を尽くすこと、僕は映画に人生の全てを捧げたんだ。マッカリー監督とは9本一緒に作ったけれど、あと9本作りたいね」と隣を見ながらニッコリ。するとマッカリー監督は、「トムと会う前は白髪がなかった。彼とは“二人分(の人生を生きて)老ける”という契約になっているんだ」とジョークを飛ばしながらも、「トムの献身的な姿勢は本当に素晴らしいし、(共演者やスタッフの)みんなが感化されるんだ」と称賛した。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見に出席した(左から)ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ  クランクイン!
 また、テスト試写で観客から「アクションシーンが多すぎる」と指摘されたマッカリー監督は、命がけで撮ったシーンをかなり削ったことを告白。これを聞いていたサイモンは「僕のアクションシーンは全部カットされたからね」と語り、会場を笑わせていた。

 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日より全国公開。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access