稲垣吾郎×阪本順治監督『半世界』、ティザービジュアル&新カット解禁

映画

 稲垣吾郎が主演し、長谷川博己、渋川清彦と共演する映画『半世界』より、ティザービジュアルと稲垣の新たな劇中写真が解禁となった。ティザービジュアルには、人生の折り返し地点を迎えた主人公とその友人たちの姿が収められている。

【写真】映画『半世界』美しい木々に囲まれ佇む稲垣吾郎の新カット

 映画『人類資金』『エルネスト』の阪本順治監督が、『団地』に続き完全オリジナル脚本に挑む本作は、諦めるには早すぎて、焦るには遅すぎる39歳という年齢の男3人に焦点を当てた物語。「人生半ばに差し掛かった時、残りの人生をどう生きるか」という、誰もが通るある地点の葛藤と、家族や友人との絆、そして新たな希望を描くヒューマンドラマとなっている。

 解禁されたティザービジュアルは、旧友の紘(稲垣)、瑛介(長谷川)、光彦(渋川)の3人が、夜の海辺で焚火を前に、笑顔で人生について語り合っているシーンを切り取ったもの。「描いた人生になってる?」というメインコピーが、人生の折り返し地点を迎えた男たちの、少しほろ苦い現実と、大人の友情を感じさせるビジュアルとなっている。

 新たに解禁された場面写真は、父から受け継いだ山中の炭焼き窯で、備長炭を製炭し生計を立てている紘が、山の中で佇む姿を収めたもの。美しい木々に囲まれた世界観は、本編の中で最も象徴的なシーンとなっている。

 映画『半世界』は、2019年2月より全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access