クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『ブラック・クランズマン』特報 危険な秘密結社へ潜入捜査開始

映画

映画『ブラック・クランズマン』ティザービジュアル

映画『ブラック・クランズマン』ティザービジュアル(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

関連 :

アダム・ドライバー

ジョン・デヴィッド・ワシントン

 第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したスパイク・リー監督の最新作『ブラック・クランズマン』より、特報とティザービジュアルが到着した。映像には、白人至上主義団体“KKK”で潜入捜査を行う主人公とその相棒の姿が収められている。

【写真】父はデンゼル・ワシントン「ジョン・デヴィッド・ワシントン」フォトギャラリー

 1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査を行ったという実際の事件を克明に記録したノンフィクション小説を、リー監督が映画化した本作。アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)が、同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)とタッグを組み、2人で1人の人物を演じながらKKKに潜入する様を描く。

 解禁となった特報映像は、KKKのメンバーが三角白頭巾を身に纏い、炎に包まれた巨大な十字架に両手を高々と掲げ、祈りを捧げる姿から幕を開ける。その中心人物は、青いケープに身を包んだデービッド・デューク(トファー・グレイス)だ。警察署のシーンに切り替わると、ロンの「俺が潜入する」という耳を疑う発言が飛び出す。これには上司も乾いた笑いで返すほかなく、周りの同僚刑事たちも失笑するが、ロンは本気で「白人として電話をかける」と続ける。

 潜入捜査の作戦は、黒人刑事のロンが白人を装い電話をかけ、同僚のフリップが実際にKKKに潜入するというもの。「イカれてんだろ!」と呆れつつ、本当に手に入れてしまったKKKの会員証をまじまじと見つめるフリップの横で、ロンが大胆不敵な潜入捜査の概要を力説する姿も描かれている。果たして、彼らの潜入捜査はうまくいくのか。そしてKKKの目的とは…。

 特報と併せて、ティザービジュアルも解禁となった。ビジュアルは、星条旗が白と黒のモノクロになり、本来ならば左肩に配置されている白い星たちが、左下に配置されている。そして中心では、ロンが真っ直ぐにこちらを見つめ、腕を組んで立っている不敵な仕上がりとなっている。

 なお本作の字幕監修は、ファンクバンド、オーサカ=モノレールの中田亮が務める。

 映画『ブラック・クランズマン』は2019年3月全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

クランクイン!トレンド最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access