クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

菅田将暉「汚れ役は俺だけで十分」に反響「かっこよすぎ」 『3年A組』第5話

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』メインビジュアル
『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』メインビジュアル(C)NTV

 俳優の菅田将暉主演のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第5話が3日に放送され、菅田演じる教師・柊一颯が生徒たちをかばうために発したセリフに対して、視聴者から「かっこよすぎ」といった声がネット上に殺到した。

【写真】「かっこいい」菅田将暉 『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』フォトギャラリー

 倒れた一颯(菅田)を心配するさくら(永野芽郁)たち。一方でほかの生徒たちは手分けして脱出方法を探り、美術準備室の扉を破ることに成功する。外部との連絡手段を得た生徒たちによって一颯が倒れたという情報が拡散されていく。そんな中、殺されたはずの生徒たちが全員発見されるが、彼らは一様に“自分たちは学校から出るつもりはない”と告げ、さらに“先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい”とほかの生徒に訴える…。

 救出された中尾(三船海斗)たちは、一颯が3年A組の生徒を人質にとったのは、景山澪奈を死に追いやった人物を特定するためだったと明かす。さらに自殺したはずの澪奈が実は何者かによって殺されていたこと、さらにたまたま澪奈がターゲットになっただけで、ほかの生徒が殺された可能性もあること、第2、第3の犠牲者が出るかもしれないことや警察にも加害者が特定できないので世間を巻き込んで犯人をあぶり出す必要があったことを生徒たちに伝える。

 一颯の行動の真意が“真実を白日のもとにさらすこと”であり“生きている3年A組の生徒を守ること”であったと明かされると、ネット上には「一颯まじかよ」「やっぱり先生いい人だった」「え、ブッキー好き」などの反響が。

 3年A組の生徒は一颯の真意を知ることになったが、クラスは学校に立てこもり続けるべきか、逃げ出すべきかで真っ二つに割れてしまう。さらに一颯が倒れたことを知った警察は彼を逮捕し、生徒を解放するため校舎へ突入し始めていた。混乱する教室で、一颯の気持ちを汲んだ甲斐(片寄涼太)が爆弾の起爆装置に手をかけると、そこに倒れていたはずの一颯が駆けつけ笑顔で「汚れ役は俺だけで十分だ」と言い放つ。このセリフに、視聴者からは「おいかっこよすぎか」「いつにも増してかっこよすぎやしません??」などのツイートが殺到した。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access