内田理央主演『向かいのバズる家族』、高岡早紀&白洲迅ら追加キャスト発表

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『向かいのバズる家族』に出演する(上段左から)高岡早紀、白洲迅、(下段左から)木下隆行、小野武彦、那智
『向かいのバズる家族』に出演する(上段左から)高岡早紀、白洲迅、(下段左から)木下隆行、小野武彦、那智(C)読売テレビ

関連 :

内田理央

高岡早紀

白洲迅

木下隆行

小野武彦

那智

 モデルで女優の内田理央が主演を務める、4月スタートの連続ドラマ『向かいのバズる家族』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の追加キャストとして、高岡早紀、白洲迅、木下隆行(TKO)らの出演が発表された。

【写真】高岡早紀ら『向かいのバズる家族』追加キャストフォトギャラリー

 本作は、SNSをめぐる家族の崩壊と再生を描くドラマ。主人公の篝(かがり)あかり(内田)は、両親と弟の4人家族。一見、幸せそうなどこにでもいる家族だが、その裏では、それぞれがSNSの世界にのめり込み、投稿した動画がバズったり、仕事が批判されて炎上したり、正義を振りかざしてバトルを繰り広げたりしている。やがて、平穏な家族に異変が起きていく…。

 白洲は、あかりが思いを寄せるカフェの常連客・皆戸涼太役。涼太は、SNSを使って匿名で発信することを毛嫌いしているため、あかりは自分の“もう一つの顔”が涼太にバレないよう悪戦苦闘する。高岡は、あかりの母・緋奈子役。緋奈子は子育てが一段落したことを機に料理動画の投稿を始めたところ、その胸元に思わぬ反応が集まり、視聴者の要望に応えることに夢中になっていく。

 木下は、あかりの父・篤史役。篤史はテレビ番組制作会社のプロデューサーで、自分が制作したドラマがネット上で炎上しSNSの世界に巻き込まれていく。そのほか、順調に就活をこなしながら、SNSでは“正義の剣”の名のもとに正義を振りかざすことを日課にしているあかりの弟・薪人を新人俳優の那智が、あかりが心を許せる唯一の存在である祖父・清史を小野武彦が演じる。また、あかりが勤めるカフェの店員として小川紗良、永野宗典、父・篤史が勤める制作会社の同僚として山中崇、藤井武美らが出演する。

 高岡は「この作品は、SNSという『イマドキ』のツールを使うことによる、今まであるようでなかった『家族』の物語だと思います。見えてくるのは、それぞれの本当の姿なのか、嘘の姿なのか…。私自身も興味が湧いています。皆さまも是非楽しみにしていて下さい」とメッセージを寄せている。

 白洲は、自身が演じる涼太について「『いつの日か自分のジムを持つ』という夢を抱いている青年ですが、まっすぐすぎてちょっとズレていて(笑)、演じるのが楽しみな役柄です」と抱負を語っている。

 ドラマ『向かいのバズる家族』は、読売テレビ・日本テレビ系にて4月4日より毎週木曜23時59分放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access