クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

高良健吾の変態行動が露わに『アンダー・ユア・ベッド』予告 ヒロインは西川可奈子

映画

  • twitter
  • facebook
『アンダー・ユア・ベッド』西川可奈子出演シーン
『アンダー・ユア・ベッド』西川可奈子出演シーン(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

関連 :

高良健吾

西川可奈子

 俳優の高良健吾が、愛する女性をベッドの下でのぞき見し続ける主人公を演じる映画『アンダー・ユア・ベッド』より、のぞき見されるヒロイン役を女優の西川可奈子が演じることが発表された。さらに、過激な描写が満載の予告編も解禁された。

【写真】『アンダー・ユア・ベッド』場面写真

 本作は、大石圭の同名小説が原作。他人から存在を無視されてきた男が、愛する女性をのぞき見し続けるというゆがんだ形で、悲惨な境遇にある彼女を救おうとする様を描く。

 高良演じる主人公の三井が狂気の愛を向けるヒロイン、佐々木千尋を演じるのは、映画『私は絶対許さない』(2018)でマドリード国際映画祭主演女優賞にノミネートされた経験を持つ西川。三井に執拗にのぞかれ、夫からは激しいDVを受ける千尋役について西川は「千尋でいた期間は本当に苦しかったですね…」と吐露。「迫る恐怖や不安な日々を一緒に戦って過ごしている内に気づけば自然と体重も落ちていました」と撮影を振り返る。

 共演の高良については「高良さんはその場で生まれる感情を繊細に受けて下さるので、三井くんの前では自然体の優しい千尋でいれた気がします。苦しいはずの現場の空気感が程よく心地良いと思えたのは、きっとその場にいる全員が、俳優高良健吾さん、そしてこの作品に惚れ込んでいたからだろうと感じました」と語っている。

 予告編は、きしむベッドの下に潜んで恍惚とした表情を浮かべる主人公・三井の衝撃的な姿から始まる。次いで、11年前の大学の講義中に「三井くん」と同級生で初めて名前を呼んでくれた、当時の千尋の美しい姿が映し出される。その頃のように、「もう一度名前を呼ばれたい」と願う三井は、彼女の家の近所に引っ越して観賞魚店を開店。盗撮をしたり、自宅に入り込んだり、ベッドの下に潜り込むなど異常な行動を繰り広げていく。そんな中、千尋が夫から激しいDVを受けていることを知る。

 その後も「もっと彼女の近くにいたい」と願う三井の変態的な行動がエスカレート。千尋の枕に頬ずりしたり、ベッドに横たわったりするほか、11年前の千尋を忠実に再現したマネキンを自宅に置き、当時彼女が使っていた香水をふりかけ、その体にそっと触れようとする姿も映し出される。鮮やかに泳ぐグッピー、ヌメッとした存在感を出すアロワナ、そして、三井の存在を表すかの様に小石の下をウネウネと動く小さな虫が、不気味に差し込まれるのが印象的だ。

 映画『アンダー・ユア・ベッド』は7月19日より全国順次公開。

映画『アンダー・ユア・ベッド』予告

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

クランクイン!トレンド最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access