飯豊まりえ、初の単独主演ホラー『シライサン』公開 小説家・乙一が長編映画デビュー

映画

 モデルで女優の飯豊まりえが初単独主演を務めるホラー映画『シライサン』が、2020年1月に公開されることが決定。小説家・乙一として知られる安達寛高の長編監督デビュー作となる本作で、飯豊は不自然な親友の死の真相を追い続け、呪いの連鎖に巻き込まれてしまう女子大生を演じる。

【写真】『シライサン』場面写真

 本作は、『GOTH』『暗いところで待ち合わせ』など数多くの作品が映像化され、脚本家としても活躍する小説家・乙一(安達寛高)が脚本と監督を務めるオリジナル作品。鈴の音と共に現れ、「その名を知ると現れて、視線を逸らすと、殺される」という呪いが特徴のホラーキャラクター「シライサン」の恐怖を描く。

 眼球が破裂した死体が連続して発見される。被害者たちの直接の死因は心臓麻痺で、死の直前“何か”に怯え取り憑かれたようだったという、奇妙な共通点があった。親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊)と、弟を失った春男の2人は共に事件を調べ始める。鍵を握る詠子という女性を探し出すが、ほどなく彼女は「シライサン…」という謎の言葉を残し、眼球を破裂させ心臓麻痺で死亡。事件に目を付けた雑誌記者の間宮も加わり、徐々に“シライサン”の呪いが明かされていく。核心に近づく3人の前に、理解を超えた、戦慄の事実が待ち受けていた…。

 ホラーが大の苦手だという飯豊は「自分の中で初めての挑戦で、今は緊張しています。台本を読むだけでも、シライさんがどこかに居そうで怖かったです」と吐露。そして「この作品に携われたことで、ホラーへの印象が変わるかもしれません。頂いた出会いと役を大切に、いまから心の準備をして真剣に、向き合って臨みたいと思っています!」と撮影への意気込みを語っている。

 監督・脚本の安達(乙一)は「長編映画を撮ることが夢でした。映画『シライサン』は、いわゆる『リング』や『呪怨』の系譜につらなるJホラーです。呪いにより次々と人が亡くなっていきます。僕が『怖い』と感じるものを作品に盛り込みました。観た人が、一生、トラウマとなって引きずっていくような映画にしたいです」とコメントを寄せている。

 映画『シライサン』は2020年1月全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access