クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

佐野勇斗、眞栄田郷敦ら、楽器講師からサプライズの手紙に涙

映画

  • twitter
  • facebook
映画『小さな恋のうた』公開記念舞台あいさつの様子
映画『小さな恋のうた』公開記念舞台あいさつの様子 クランクイン!

関連 :

佐野勇斗

森永悠希

山田杏奈

眞栄田郷敦

 MONGOL800のヒット曲をモチーフにした青春映画『小さな恋のうた』の公開を記念し、25日に都内で舞台あいさつが開催され、主演の佐野勇斗をはじめ森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア、橋本光二郎監督が登壇。楽器指導の宮内陽輔氏からのサプライズの手紙に登壇陣が涙する一幕があった。

【写真】佐野勇斗らが登壇した『小さな恋のうた』公開記念舞台あいさつの様子

 本作は、フェンスを隔てて一つの土地に日本とアメリカが存在する沖縄の小さな町を舞台に、プロデビューが決まった高校生バンドが、米軍基地内に暮らす孤独な少女のために「小さな恋のうた」を届けようとする様を描く。

 劇中でバンドのメンバーを演じた俳優陣は、クランクインの約半年前から楽器練習に励んだが、楽器自体に初めて触れる者も多く、苦労の連続だったという。ベースを担当した佐野は「1年前の5月に練習を始めたけど、まあこれが難しい(苦笑)。MONGOL800の(上江洌)清作さんが最初にお会いしたときに自分のベースをプレゼントしてくださって『これはやるしかないやん!』とそれをきっかけに頑張ろうと思った」と振り返る。

 森永はドラムの経験者だったが何より難しかったのはドラムとして「テンポを管理しなくてはいけないこと」と述懐。「どこに行くにもずっとメトロノームの音を聴いていました。地獄でした(笑)」と語る。

 ギターに触れたのは「ほぼ初めて」と言う山田は「モンパチの(儀間)崇さんから『モンパチの曲は簡単だからね』と言われたけど、全然簡単じゃない!」と苦笑しつつ、同じくギター担当の眞栄田の存在が励みになり、「負けないようにと頑張った」と振り返った。

 そんなメンバーたちに、楽器の講師陣を代表し、MONGOL800のサポートメンバーでもあり、本作の音楽・劇中曲のアレンジも担当している宮内陽輔氏からサプライズで手紙が到着。

 メンバー一人一人の努力やバンド内での振る舞いを称える内容に眞栄田、山田らは思わず目頭を押さえ、佐野も「ヤバいですね…。陽輔さんは僕らにとってすごく大きな存在で、陽輔さんがいるから頑張ろうと思えたし…」と目を真っ赤にして言葉を詰まらせる。

 最年長の森永が佐野の言葉を引き取り、宮内をはじめ、各楽器の講師の名を挙げ「3人とも熱を持ってやってくださって、本当に大きな存在だし、“講師s”の皆さんがいなかったら、こういう形のバンドに慣れていなかったと思います」と感謝の思いを口にし、会場は温かい拍手に包まれていた。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

クランクイン!トレンド最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access