佐野勇斗が涙…演奏シーン収録『小さな恋のうた』メイキング映像

映画

映画『小さな恋のうた』ポスタービジュアル

映画『小さな恋のうた』ポスタービジュアル(C)2019「小さな恋のうた」製作委員会

 俳優の佐野勇斗が主演を務める映画『小さな恋のうた』より、メイキング映像とポスターが解禁された。映像では、メインキャストたちが校舎の屋上や中庭のステージ、部室やライブハウス、米軍基地のフェンス前など、さまざまな場所で「小さな恋のうた」を演奏するシーンとともに、彼らが本作や音楽への思いを語る姿が収められている。

【写真】『小さな恋のうた』完成披露会見&完成披露舞台挨拶フォトギャラリー

 MONGOL800の同名の楽曲を題材とする本作。フェンスを隔てて一つの土地に日本とアメリカが存在する沖縄の小さな町を舞台に、プロデビューが決まった高校生バンドが、米軍基地内に暮らす孤独な少女のために「小さな恋のうた」を届けようとする様を描く。メガホンをとったのは、『雪の華』の橋本光二郎監督。

 主人公の真栄城亮多役を、映画『ちはやふる‐結び‐』『3D彼女 リアルガール』『凜‐りん‐』などに出演し、ボーカルダンスユニットM!LKとしても活躍中の佐野が演じる。亮多のバンド仲間でドラム担当の池原航太郎には、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でドラムを習得した森永悠希。唯一の女性バンドメンバー・譜久村舞を演じるのはロッテ・ガーナミルクチョコレートのCMに出演中の山田杏奈。舞の兄で亮多の親友でもある譜久村慎司には、本作が役者デビューとなる眞栄田郷敦。同じくバンド仲間で苦渋の選択をするベース担当の新里大輝に、MEN’S NON‐NOモデルであり、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』に生徒役で出演した鈴木仁が扮する。

 メイキング映像には、クランクインの半年前からバンドの練習を続けてきたというメインキャストたちによる演奏風景とともに、彼らが本作や音楽についての思いを明かすインタビューを収録。主演の佐野は撮影を振り返り、「正直スゲー長かったです。座長を務めさせてもらうのも、たくさん経験があるわけではないし、プレッシャーもある中で楽器を実際に練習したので…」。山田は作品について「『別れ』というのがキーワードにあるんですけど、観ている人にもちゃんと届くだろうなって。画面の中だけの世界じゃなくて、音楽というものの力を使って、ちゃんと届けられるような映画になっているだろうなって」と語っている。終盤では佐野が感極まって涙しながら演奏しているシーンもあり、本気の熱い思いが伝わってくる映像となっている。

 併せて解禁されたポスタービジュアルには、中央に米軍基地のフェンスと、その向こうにたたずむ一人の外国人少女の姿が。それを囲むように、メインキャストたちが楽器を演奏したり歌ったりしている姿が写し出され、「届け。あなたに―。」というキャッチコピーとともに、国境を越えてしまうほどの彼らの強い思いを象徴したようなビジュアルとなっている。

 映画『小さな恋のうた』は5月24日より全国公開。

映画『小さな恋のうた』メイキング映像

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access