クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

飯豊まりえ×emma×佐藤千亜妃トリプル主演 恋の復讐劇『CAST:』予告編解禁

映画

  • twitter
  • facebook
映画『CAST:』メインビジュアル
映画『CAST:』メインビジュアル

関連 :

飯豊まりえ

emma

佐藤千亜妃

 女優の飯豊まりえ、モデルのemma、アーティストの佐藤千亜妃の3人が主演を務める映画『CAST:』より、予告編が解禁。それぞれタイプの異なる3人の女性が彼氏の“3股”に憤慨したり、仕事に奮闘したりする姿を収めたものとなっている。

【写真】キャストや予告、メイキングからのカット満載 映画『CAST:』フォトギャラリー

 本作は、Mr.Childrenや米津玄師などのMV演出を手がけてきた新鋭映像作家・林響太朗が監督・脚本を務めたヒューマンドラマ。主人公は、薄い顔にコンプレックスを持つ化粧品メーカー勤務のLISA(飯豊)、過去のトラウマで甘いものが苦手なパティシエのANNA(emma)、本当の自分を表現できずに苦しむミュージシャン・CARA(佐藤)。3人が、ある日突然“彼氏の浮気相手”として偶然出会い、映画監督である彼氏に自分との恋愛が勝手に映画にされたことをきっかけに復讐を誓う。そして復讐劇を通して「自分らしく生きること」の大切さに気づき成長していく姿が描かれる。

 予告編は、3人のヒロインが険しい表情で「3股ってことで間違いないですよね」と話し、自分との恋愛を映画にされ、笑い声が響く劇場で怒りに満ちた表情を浮かべる姿からスタート。次いで、佐藤演じるCARAの歌声に乗せて、それぞれ仕事もファッションも異なる彼女たちが仕事をしたり葛藤したりする姿などが映し出されたものとなっている。

 飯豊は、もし演じたLISAと同じような3股の経験をしたら「私はスーッとフェードアウトするタイプですね。私は相手にもエネルギーを使わせたくないので身を引くと思います(笑)」とコメント。続けて「この作品は3人の女の子の逆襲劇で『そのままの自分を好きになる』というテーマがあります。見て下さる皆さんの背中を押す作品になっていると思います。女の子って楽しいなと思ってもらえたら嬉しいです」とメッセージを寄せている。

 emmaは「この物語は、過去にいろんなトラウマを抱えた女の子3人が奮闘する素敵な映画です。私自身も過去に悔しい思いをしてきたこともあるのですが、この映画とともにその思いを解消できたので、すごく前向きになれる作品だと思います」と語り、佐藤は「この映画は三人の女の子の復讐劇なのですが、ファッションが可愛いところや、やり取りの中でキュートなところもたくさん散りばめられてる映画になっていると思います。ぜひ感情移入しながら見て頂けたら嬉しいです」とアピールしている。

 映画『CAST:』は7月31日よりオンラインで公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access