クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

玉城ティナが恫喝×伊藤健太郎がうっとり…『惡の華』予告編解禁

映画

映画『惡の華』本ビジュアル

映画『惡の華』本ビジュアル(C)押見修造/講談社 (C)2019 映画『惡の華』製作委員会

関連 :

玉城ティナ

伊藤健太郎(健太郎)

飯豊まりえ

秋田汐梨

 俳優の伊藤健太郎が主演を務める映画『惡の華』より、予告編とティザービジュアルが解禁。予告編には、玉城ティナ演じるヒロインに「ド変態野郎」と恫喝され、伊藤演じる主人公がその言葉にうっとりするという刺激的な場面が収められている。

【写真】『惡の華』変態姿から禁断の主従関係まで…アブノーマルな場面写真

 本作は、累計発行部数300万部を記録し、「絶望」をテーマにうっ屈とした青春と行き場のない衝動を描いた押見修造による同名人気コミックを、井口昇監督と岡田麿里の脚本で実写映画化。主人公・春日役を伊藤が務めるほか、春日につきまとう仲村佐和役で玉城ティナ、春日が片思いをするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役で秋田汐梨、文学好きなことをきっかけに春日と交流を深める常磐文役で飯豊まりえが出演する。

 閉塞感に満ちた地方都市に住む、中学2年の春日高男(伊藤)は、ボードレールの詩集『惡の華』を心のよりどころに、息苦しい毎日をやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子(秋田)の体操着を衝動のままにつかんで逃げ出してしまう。一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和(玉城)は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村に支配された春日は、変態的な要求に従ううちにアイデンティティーが崩壊し、絶望を知る。そして2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう…。

 予告編は、春日の「まわり全部山に囲まれているこの街には、逃げ場なんてどこにもない」という鬱屈とした独白からスタート。次いで、クラスのマドンナの体操着を盗んだ春日に、仲村が「春日くーん。見てたんだよ。ばらさないでやってもいいよ。私と契約しなよ」ともちかけ、2人のパワフルかつ危うい変態性が垣間見られる主従関係が展開していく。

 映像の最後は、「僕と契約しよう」と言う春日に、仲村が豪快に足を組みながら「契約させてやるのは私だろうが、ド変態野郎!」と言い放ち、その言葉に春日が恍惚の表情を浮かべるという、原作ファンにはたまらないとされる場面で締めくくられている。

 ティザービジュアルは、春日と仲村をメインに、秋田演じる佐伯奈々子、飯豊演じる常磐文もそれぞれ配置したもの。上には「絶望の青春を突き進む、超〈変態〉狂騒劇の幕が上がる!」というキャッチコピーが添えられており、少年少女たちがどのような狂騒劇を繰り広げるのか、興味がそそられるビジュアルとなっている。

 映画『惡の華』は9月27日より全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access