クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『監察医 朝顔』上野樹里ぼう然…まさかの急展開にネット「辛すぎる…」の声(ネタバレあり)

エンタメ

  • twitter
  • facebook
上野樹里
上野樹里 クランクイン!

 女優の上野樹里が主演を務め、俳優の時任三郎と親子役で共演するドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話が2日に放送され、ラストシーンに訪れた驚きの展開について、SNSには「うっそ?」「いや、辛すぎる…」「急展開すぎて驚愕」などの声が多数寄せられた(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。

【写真】ラスト3分に衝撃の急展開 『監察医 朝顔』第8話フォトギャラリー

 興雲大学法医学教室に23歳の主婦・山本莉奈(小林由依)の遺体が運び込まれる。自宅で亡くなっているところを夫・達哉(渡辺翔太)が発見したとのこと。朝顔(上野)たちは遺体を調べるが、外傷や病変は発見できない。朝顔たちは再解剖に挑むがそれでも死因は特定できない。朝顔は達也に謝罪し、考えられる最も近い死因として“モヤモヤ病”とも呼ばれるウィリス動脈輪閉塞症が考えられると伝える。

 その後、朝顔は茶子(山口智子)や光子(志田未来)、幼なじみの三郎(きづき)や妻・結衣(松長ゆり子)らと食卓を囲む。そこで朝顔は結衣とその子どもたちの腕の同じような位置にホクロがあるのを見て、モヤモヤ病が遺伝性であることに気づく。後日、朝顔は達哉にそのことを伝えて、3歳の娘に検査を受けるよう勧める。

 その後、興雲大学の法医学教室に新たな解剖依頼が入る。運び込まれた遺体を見た瞬間、朝顔の表情が凍ってしまう。その遺体は三郎の妻・結衣だった。この展開に「うっそ?」「え?なんでこの方亡くなったの…」といった声がSNSに集まった。

 ショックのあまり呆然と立ち尽くす朝顔だったが、ふと我に帰って解剖道具を手に取るが手の震えを抑えられない。道具を落としてしまった彼女は、再度、手に取るが呼吸は荒くなり震えが止まる気配もない。解剖が難しいと判断した茶子は「代わります。あなたのためではなくて結衣さんのために言ってるんです!」と強い口調で朝顔に忠告する。動揺する朝顔の姿に「いや、辛すぎる…切なすぎる…悲しすぎる…」「朝顔先生、無理はしないで…」などのツイートも多数集まった。

 ラストシーンに訪れたまさかの展開に対してネット上には「こんな展開になると思ってなかった…」「衝撃的すぎるラストだった」「急展開すぎて驚愕」などの反響が殺到していた。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access