クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『シャーロック』遊び心満載のオープニングにネット興奮「神回」の声

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『シャーロック』第7話場面写真
『シャーロック』第7話場面写真(C)フジテレビ

関連 :

ディーン・フジオカ

岩田剛典

 俳優のディーン・フジオカが主演を務める『シャーロック』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第7話が18日に放送され、遊び心にあふれたオープニングのタイトルクレジットに、ネット上には「エモい」「最高」「神回じゃない?」などの声が集まった。

【写真】ディーン・フジオカ、“シャーロック”シーンもかっこいい(第1話より)、ほか第7話のサングラス姿も

 第7話では、ある日、獅子雄(ディーン)と若宮(岩田剛典)のもとに虎夫(山城琉飛)という少年が訪ねて来る。しかし獅子雄は若宮に任せて奥の部屋へ。仕方なく若宮が、獅子雄として虎夫の依頼を聞くことに。少年の依頼は行方不明になった祖父を探して欲しいというもの。虎夫は河川敷で、祖父が持ち歩く小袋を発見していた。本気で取り合おうとしない若宮に、虎夫は本物の獅子雄を出せと迫る。

 若宮のウソを見抜いた虎夫に対して、獅子雄は「合格だ!」と言い放つと、虎夫に小袋を発見した場所へ案内するよう促す。獅子雄と虎夫が早々に部屋を後にすると、若宮はジャケットを羽織り、ポケットからチョークを取り出して、画面に向かって“ワトソン”とサインをする。

 本作はオープニングで獅子雄がカメラに向かって“シャーロック”とタイトルを書き込むのがお約束。いつもとは違うドラマの幕開けにネット上には「ワトソン!?」「「ワトソン」で始まるのエモい」などの声が寄せられた。

 ところが、画面に“ワトソン”の文字が現れたのも束の間、獅子雄がそれを拭き取り、バーナーで“シャーロック”の文字をサイン。この展開に「書いたけど消された(笑)」「バーナーで書くのも面白い」といったコメントが集まった。

 製作陣の遊び心にあふれたオープニングの演出に「えっ、なに今のクソかっこいい」「オープニングから最高」「やべぇ!!神回じゃない?」などの投稿がネット上に相次いだ。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access