クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

清野菜名×横浜流星『シロクロパンダ』、2人を追うマスコミに要潤と白石聖

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演する「要潤」場面写真
ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演する「要潤」場面写真(C)読売テレビ

関連 :

清野菜名

横浜流星

要潤

白石聖

坂東龍汰

永山たかし

 女優の清野菜名と俳優の横浜流星がダブル主演を務める2020年1月12日スタートのドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系)の追加キャストとして、俳優の要潤と女優の白石聖の出演が発表された。それぞれ、ミスパンダ(清野)の正体を追いかけるテレビ局の敏腕ディレクターと新人記者を演じる。

【写真】白石聖ほか『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』追加キャスト

 本作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんが、「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、警察やマスコミも触れない世の中のグレーな事件にシロクロつける姿を描く。

 清野は、囲碁棋士の川田レンと、世間を騒がせる謎の存在・ミスパンダという2つの顔を演じる。横浜は、表向きは大学で精神医学を学ぶ傍ら、メンタリストNとしてもテレビ出演する医学生だが、裏ではミスパンダの【飼育員さん】となる森島直輝を演じる。普段はネガティブで弱気なレンだが、直輝から、あるきっかけを与えられると、ミスパンダに変貌。直輝は、飼育員さんとして彼女と行動を共にする。

 ちまたにあふれる悪質なセクハラ・パワハラ、組織の不正や権力者への忖度(そんたく)など、週刊誌やネットで事件のうわさや憶測が飛び交っても、真相はグレーなまま闇に消えていくことも多い。そんな目に見えない壁に阻まれた事件に、最凶バディが驚異的身体能力と頭脳を駆使して大胆不敵に切り込み、隠された真相を容赦なく暴いていく。しかし、直輝がミスパンダと共に真相を暴く理由は、単なる正義感からではなかった…。

 要は、数々のスクープを世に送り出し、ミスパンダの正体をしつこく追う全日テレビの敏腕ディレクター・神代一樹役を演じる。「役どころとしては、ミスパンダの謎にせまるジャーナリストなので、特ダネをいかに世に出すかという事に命をかけています。ミスパンダの真相に近づくにつれて、スリリングな様を表現したいと思います」と意気込んでいる。

 白石は、直輝とは恋人関係で、記者という仕事にまっすぐに取り組む全日テレビ入社2年目の報道記者・佐島あずさ役。「仕事では、神代先輩の背中を追いかけながら、必死に食らいついていて、プライベートでは、直輝と恋人関係になるので、そのギャップを出せればと思っています」と話している。

 ほかに坂東龍汰、永山たかしの出演も発表された。

 日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、読売テレビ・日本テレビ系にて2020年1月12日より毎週日曜22時30分放送。

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv