クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

木村拓哉、ベールに包まれていた“義眼”が明らかに 『教場』新ビジュアル公開

エンタメ

フジテレビ開局60周年特別企画『教場』、木村拓哉演じる風間公親ビジュアル

フジテレビ開局60周年特別企画『教場』、木村拓哉演じる風間公親ビジュアル(C)フジテレビ

 木村拓哉の主演で2020年1月4、5両日21時放送されるスペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)より、木村演じる警察学校のカリスマ教官・風間公親の、これまでベールに包まれていた“義眼”がついに明らかになる新ビジュアルが解禁された。

【写真】木村拓哉、川口春奈の質問に苦笑い

 長岡弘樹の警察小説『教場』シリーズを初めて映像化した本作は、警察学校が抱えるリアリティーを描くエンターテインメント・ミステリー。脚本は『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一。演出を、木村とは『若者のすべて』(1994)、『眠れる森』(1998/主演)、『プライド』(2004/主演)などでタッグを組んできた中江功が手がける。

 “教場”と呼ばれる警察学校の教室。冷徹無比な教官・風間公親が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、激しいトレーニングにさらされている。「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」と考える風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男だ。また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げ、その場を立ち去ってしまう。次々とふるいにかけられる“教場”という名のサバイバルゲームを生き抜くため、生徒たちの秘密と思惑が交錯し、いろいろな事件が巻き起こっていく。

 今作で木村がどのような風貌で“風間公親”を演じているかはポスタービジュアルですでに解禁されているが、今回の新ビジュアルは、ポスターでは確認できなかった“義眼”のはっきり分かる画像となっており、とうとうその全貌が明らかになった。

 原作では「どこか焦点が定まらない双眸(そうぼう)」と表現されている“風間公親”。木村は風間を演じる上で、この“義眼”をつくりあげることにもかなりの時間を費やしている。髪型同様、義眼に関しても何度も監督やヘアメークと話し合いを重ね作り上げた。外で太陽の光が当たった時の見え方、建物の中で暗い時の見え方、さらにはその姿をカメラで撮影した時の見え方などあらゆる形を検証し、その中で一番迫力が伝わるものとしてできあがったのがこのビジュアルだ。

 見るものすべてを見透かしているようなそのまなざしは恐怖すら感じさせる。その見た目や堅い表情は、威圧的で全く隙の無い人物であることも想像させる。

 また、予告動画第5弾として、教官・風間公親の義眼がより分かる映像も、12月27日10時よりフジテレビ公式のYouTubeで公開される。

 フジテレビ開局60周年特別企画『教場』は、フジテレビ系にて2020年1月4、5日の2夜連続21時放送。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access