クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

山田裕貴、田中圭主演『ヒノマルソウル』でテストジャンパー役 公開日も決定

映画

 俳優の山田裕貴が、田中圭が主演を務める映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』に出演することが決定。併せて公開日が6月19日となることも発表された。

【写真】実際の1998年長野五輪テストジャンパー集合写真

 本作は、1998年長野五輪での日本のスキージャンプ団体金メダルを陰で支えた25人のテストジャンパーたちの秘話を、史実に基づきオリジナルストーリーで描くヒューマンドラマ。主人公のスキージャンパー・西方仁也役を田中が務め、映画『荒川アンダーザブリッジ』で注目を集めた映像作家・飯塚健がメガホンをとる。

 リレハンメル五輪にスキージャンプ代表選手として出場した西方仁也(田中)は、ラージヒル団体で日本代表最高飛距離を飛んだが、原田雅彦がジャンプを失敗し銀メダルとなる。4年後の長野五輪、まさかの落選となった西方は、悔しさに打ちひしがれる中、裏方のテストジャンパーとして参加。本番当日、団体戦が猛吹雪により中断すると、審判員たちの判断は、「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開する」というものに。誰かが失敗すれば中止となり、金メダルが取れなくなってしまうという状況下、西方率いる25人のテストジャンパーたちに、選手たちの夢が託される―。

 昨年、連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)でヒロインの幼なじみ役を好演し、ドラマ『SEDAI WARS』(MBS・TBS)、『ホームルーム』(MBS)と、1月期に異例の2作で主演を務める注目の俳優・山田。本作で山田は、聴覚障害がありながらも、1998年のSTVカップ国際スキージャンプ競技大会ラージヒルにおいて優勝した後、長野五輪にテストジャンパーとして参加した北海道出身のスキージャンパー、高橋竜二役を演じる。

 山田は「このお話は、中継にも載っていない裏側のお話。“目に見えていない部分も見ようとする”これを大事にしているのですが、表舞台に立つ人の裏側にはたくさんの人が関わり、悩み、支えてくれています。チーム一丸!! 生きてるすべての人が主人公であることを伝えたい」と意気込みを語った。

 また、1月13日に放送される『2020 HBCカップジャンプ』(HBC・TBS系)に山田がゲスト出演し、西方仁也と原田雅彦と共に競技を観戦することも決定した。

 映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』は6月19日より全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access