クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ボンドの恋人の秘密とは? 最新ガジェット&ド派手飛行シーンも登場する『007』新着映像解禁

映画

  • twitter
  • facebook
映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ場面写真
映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ場面写真

関連 :

ダニエル・クレイグ

ラシャーナ・リンチ

ラミ・マレック

レア・セドゥ

 俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、新着映像が解禁された。ボンドが劇中で駆使する最新ガジェットやド派手なフライトシーンのほか、ボンドの恋人マドレーヌが大きな秘密を抱えていることを示唆する謎めいたセリフなどを収めている。

【写真】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本版キャラクターポスター

 シリーズ25作目となる本作は、『007 スペクター』以来5年ぶりの最新作。『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜てきされたことも話題を集めている。加えて、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ビリー・マグヌッセン、アナ・デ・アルマス、ロリー・キニア、デヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、レイフ・ファインズら新旧の豪華キャストが出演。シリーズおなじみの主題歌を、本年度のグラミー賞で主要4部門を含む5部門を弱冠18歳で獲得したビリー・アイリッシュが担当する。

 ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フィリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。誘拐された科学者を救出するという任務は想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになるが―。

 新着映像は、ダニエル演じるジェームズ・ボンドと、殺しのライセンスを有するコードネーム“00(ダブルオー)”を2年前から与えられている女性エージェントのノーミ(ラシャーナ)がクールなサングラス姿で登場する場面からスタート。「乗ったことは?」と尋ねるボンドに対し、「ないわ」と一言余裕たっぷりに返してみせるノーミ。すると、二人が乗る小型のポッドのような機体が飛行機の格納庫から急発進。落下しそうになるも両翼を広げ小型飛行機へと早変わりし、空へと飛び立っていく。

 このド派手なフライトシーンに続き、ダニエル版ボンドの1作目『007/カジノ・ロワイヤル』の最後の場面を連想させる水中のボンドや、酒場風の建物からタキシード姿で華麗に銃を操るボンドの姿が映し出される。さらに、思い詰めた表情を浮かべるボンドの恋人マドレーヌ(レア・セドゥ)、シリーズ史上一番“ヤバい”とされる敵(ラミ)、前作『スペクター』に続き登場するM(レイフ)、宿敵ブロフェルド(クリストフ・ヴァルツ)、アナ・デ・アルマス演じる新キャラクターなどが続々と登場。中にはボンドがよき理解者として敬愛していた前任のM(ジュディ・リンチ)の肖像画もチラリ。

 映像にはまた、「彼女の秘密を知れば、君は死ぬ」とマドレーヌがボンドに関わる大きな秘密を抱えていることを示唆するセリフも挿入され、これまでの事件に隠された新事実が明らかになることを予感させる。さらに映像には「シリーズ最新作(25作目)がすべてを変える」というコピーも挿入され、本作がダニエル版ボンドの集大成かつ、約50年に渡り続いてきたシリーズの重要な転換点となることを匂わせるような映像に仕上がっている。

 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は4月10日より全国公開。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access