クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

監督が語る『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は「ダニエル・クレイグにとっての最終章」

映画

  • twitter
  • facebook
映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』メイキングカット
映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』メイキングカット

関連 :

ダニエル・クレイグ

キャリー・ジョージ・フクナガ

ラミ・マレック

レア・セドゥ

ラシャーナ・リンチ

ベン・ウィショー

アナ・デ・アルマス

 俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、最新映像が解禁。本編やメイキング風景のほか、監督と脚本を務めるキャリー・ジョージ・フクナガがボンドの“ヒーロー像”や作品について語るコメントを収めている。

【写真】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本版キャラクターポスター

 今回解禁された映像は、銃口の中からボンドのシルエットが登場し、スクリーンの観客に向かって銃を撃つという007シリーズ伝統のオープニングシーンからスタート。続いて迫力の場面の裏側を捉えたメイキングや本編映像がふんだんに収められている。フクナガ監督は「脚本家、そして監督として、ボンドを捉え直すことに重点をおいた。MI6を退いて5年―彼はどこにいてどう変わったのか」と今作のボンドは年月の流れにより変化していることを明かす。

 続いてボンドについて「00(ダブルオー)の任務にもがく姿は傷ついた獣のようだ」と評し、「世界は変わった。そしてルールも変わった。非対称戦争時代のスパイのルールも複雑になった。ボンドが家族のように想う仲間も皆が脅威に晒されている」と今作でボンドが置かれた状況を説明。映像では思い詰めた表情のボンドの恋人マドレーヌ(レア・セドゥ)の姿が映し出され、ダニエル版ボンドの1作目『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)でボンドの恋人だったヴェスパー(エヴァ・グリーン)の悲劇が繰り返される可能性があることを匂わせている。

 また、ラミ・マレック演じる敵役については「ボンドが挑んだ相手で最も危険」だとし、「最初から最後までノンストップ。レースさながらだ」と、激しいカーチェイス、バイクチェイス、銃撃戦や肉弾戦といった迫力のアクションシーンが登場することもアピール。

 そして最後は「世界と人類の命をも救う。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』はボンドの集大成だ。彼が出会ったすべて、トラウマや失ったものまでも。最も挑戦的で困難な任務。それが今作の狙いであり、特別なものにしたかった。007シリーズの根底にあるもの、危険であり感情が揺さぶられるもの、そして語られることのなかったもの、全てが明らかになる。ダニエル・クレイグにとっての最終章だ」と熱くコメント。本作でボンド役引退を公言したダニエルの最後にふさわしいフィナーレを迎えることを示唆している。

 シリーズ25作目となる本作は、ダニエル演じるボンドが過去4作で追ってきた事件がすべて関連していたことが明かされた前作『007 スペクター』以来5年ぶりの最新作。『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミが悪役を務め、新旧の豪華キャストが出演する。主題歌には、本年度のグラミー賞で主要4部門含む5部門を弱冠18歳で獲得したビリー・アイリッシュを起用したことでも話題を呼んでいる。

 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は4月10日より全国公開。

最新映像満載! キャリー・ジョージ・フクナガ監督が『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を語る
ビリー・アイリッシュ「No Time To Die」が流れる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』予告編

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access