クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『エール』野田洋次郎のマントコート姿に注目「スナフキン?」の声

エンタメ

  • twitter
  • facebook
野田洋次郎
野田洋次郎 クランクイン!

 俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第10週「響きあう夢」(第46回)が1日に放送され、野田洋次郎演じる作曲家の木枯がマントコート姿で登場すると、ネット上には「今日もおしゃれ」「スナフキンみたい」などの声が寄せられた。

【写真】スナフキン? な野田洋次郎演じる木枯

 裕一(窪田)と一緒に「福島行進曲」をつくった鉄男(中村蒼)は、作詞家になる夢を叶えるために、新聞記者の仕事を辞めて福島から上京。早速、裕一は鉄男をコロンブスレコードへ連れて行き、ディレクターの廿日市(古田新太)に紹介する。しかし、居丈高な態度の廿日市とそれに反発する鉄男の会話は口論に発展する。

 やがて廿日市は鉄男に対して捨てぜりふを吐いてその場を立ち去ってしまう。興奮する鉄男と彼をいさめる裕一の前に、ギターケースを片手に持った作曲家の木枯が姿を表す。裕一がうれしそうに「あれ? 木枯くん!」と呼びかけると、鉄男は急に小声になり「木枯って、あの木枯さん?」とポツリ。そんな鉄男に対して木枯は帽子を脱いで会釈をしてみせる。

 野田扮する木枯は、ペイズリー柄のシャツにチェック柄のマントコート、そして頭には中折れ帽という個性的な出で立ち。彼のコーディネートにネット上には「木枯さん今日もおしゃれ」「木枯さんのコートがカッコええ」「なにこのオシャンティーなマント」といったコメントが集まった。

 さらにマントコート、中折れ帽、そして手にはギターケースという組み合わせが「ムーミン」の人気キャラクター“スナフキン”を連想させたようで、ネット上には「木枯くんの服装、スナフキンっぽいな」「スナフキンみたいな木枯さん」「スナフキンにしか見えない、めっちゃいいな」などの投稿も相次いでいた。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access