クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『レッドアイズ 』“伏見”亀梨和也のアクションに絶賛の声「かっこよくてシビれた」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
土曜ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』第1話場面写真
土曜ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』第1話場面写真(C)日本テレビ

関連 :

亀梨和也

松下奈緒

 KAT‐TUNの亀梨和也が主演を務めるドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第1話が23日に放送。亀梨演じる伏見響介の重い過去にネットでは「胸が痛すぎた」などの声が集めるほか、アクションシーンに「すごくかっこよくてシビれた」など絶賛の声が寄せられた。

【写真】KSBCには松下奈緒、趣里ら個性派メンバーが集結

 本作は、愛する人の命を奪われた元刑事が、天才的な頭脳を持った元犯罪者の民間捜査員たちとともに、全国500万台の監視カメラやNシステム、ネット解析・画像分析など日本国中から集まるビッグデータを駆使して凶悪な連続殺人鬼に迫るサイバークライムサスペンス。

 伏見は、神奈川県警で刑事として働いていた。恋人の美保(小野ゆり子)にプロポーズをしようとしていた夜、美保は何者かに襲われ殺されそうになってしまう。美保からのビデオ通話で助けを求められた伏見は、現場に急ぐが肝心の詳しい場所がわからない。すると美保は、伏見とビデオ通話を繋げている中で、犯人に殺されてしまう。美保は、新しい命を授かっていた。

 その後、伏見は警察を辞め、探偵事務所を開業していた。美保が殺されてから3年後、神奈川県警に監視カメラや防犯カメラの映像データをリアルタイムに解析し、事件解決に役立てる組織が発足。統括責任者の島原(松下奈緒)は、伏見に分析結果を元に捜査にあたる特別捜査官として組織に加わってほしいと依頼。伏見は“元犯罪者”である探偵事務所の仲間と一緒に捜査官として働くことに。すると、女性が何者かに襲われ連れ去られる事件が発生する。

 伏見の抱える重い過去にネットでは「ずっと苦しい」「めっちゃ泣いた」「こんな残酷な現実受け入れられない」「胸が痛すぎた」などの声が寄せられたほか、亀梨のアクションシーンには「超かっこよかった」「迫力があってカッコイイ」「素晴らしい」など絶賛の声が集まった。

 次週30日放送の第2話では、伏見たちはKSBCで特別捜査官としての活動を本格的にスタートさせる。そんな中、「KSBCの最新システムを使って俺を捕まえてみろ」という、挑発的な殺人予告が届く。犯人は敢えて監視カメラから見える場所に拉致したカップルを遺棄し、逃走。犯人は、1960年代に世界を震撼させたアメリカの劇場型連続殺人犯・ゾディアックさながら、犯行声明文を公表するようKSBCに迫る。襲われたカップルのうち、女性は刺殺されていたが、幸いにも、男・蠣崎(忍成修吾)は一命を取り留め、証言を得ることができた。伏見は犯人を追い詰めていくが、そこにはある罠が。果たして犯人の目的は何なのか? 伏見とKSBCを狙った、壮大な犯罪計画の一端が明らかになる。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv