クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

【バイプレイヤーズ百名鑑】安藤玉恵「セリフの端々に感じる“安玉らしさ”を楽しみました」

ドラマ

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する安藤玉恵

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する安藤玉恵(C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】ヤンクミ風ショットも!『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』に出演する安藤玉恵

◆File No.037 安藤玉恵

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第4話で安藤は学園ドラマ『CTO』に出演する、クセのある佇まいで一度見たら視聴者の脳裏に居座り続ける個性派女優“安藤玉恵”役を演じた。

 「続編があるということに、まずはとても感動しました」という安藤。念願の初出演に「出るからには何しろ楽しもうと思っていました」と語る。現場では「あまりにテンションが上がってしまい、撮影当日に急遽髪型の変更(つけ毛)をお願いして、ヘアメイクさんにお時間取らせてしまった」と反省しつつ、「書いていただいたセリフの端々に感じる『安玉らしさ』を逆に楽しんでいました」とも。

 本作の魅力を尋ねると「それはまさに、元祖バイプレの皆さまの魅力だと思います。現場でご一緒したいと常々思ってる先輩方と、一気に同じ作品に出られるという、ワクワク感がたまらないです」とコメントを寄せている。

★安藤玉恵/1976年8月8日東京都生まれ。大学卒業後、劇団「ポツドール」で看板女優として活躍。2003年に『ヴァイブレータ』で映画デビュー。2012年公開の映画『夢売るふたり』で第27回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞したほか、2013年放送のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』での栗原しおり役で人気を博す。現在『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に出演中。

●『バイプレイヤーズ』第4話プレイバック

 各スタジオが高視聴率をマークする中、長谷川京子、りょうW主演で送る4チャンの学園ドラマ『CTO』だけが停滞していた。何とか視聴率を上げようと奮闘するが、生徒役同士の熱愛スキャンダルが発覚。そんな中、長谷川とりょうは、金子大地には年上の先生役に好きな人がいるという話を立ち聞きしてしまう…。2人はそれぞれ金子の好きな人は自分であると確信を持つが…。果たして『CTO』の視聴率と禁断の恋の行方は!?

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv